2019年10月23日

石井記念オルガン建造30周年記念
フェリスホール・オルガンコンサート
―バッハ・プログラム・シリーズ Vol.2―
《フーガの技法》

日時 2019年10月23日(水)19:00開演
メッセージ 4年制音楽学部創設時に本格的なパイプオルガンが不可欠として、元理事長の石井千明氏の御厚志と、世界的オルガニスト林 佑子元教授の御助言のもとに「石井記念オルガン」が建造されて30年。その記念として、バッハの大作が演奏されます。
会場 フェリスホール(山手キャンパス)
内容 ●曲目
J. S. バッハ:《フーガの技法》BWV 1080より
コントラプンクトゥス全14曲

●演奏者
飯沼 彩(音楽学部非常勤講師 日本基督教団長原教会オルガニスト)
宇内千晴(音楽学部非常勤講師 東京基督教大学教会音楽主任)
早島万紀子(音楽学部非常勤講師 新宿文化センター専属オルガニスト)
三浦はつみ(音楽学部非常勤講師 横浜みなとみらいホール ホール・オルガニスト)

※横浜音祭り2019 「横浜みなとみらいホール オルガン・コレクション パイプオルガンと横浜の街」参加事業
*やむを得ぬ事情により、内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

参考 チラシ画像
入場料 全席自由
一般:1,000円
高校生以下:無料
本学卒業生:オープンカレッジ生:500円
本学学生・教職員:無料
※8月20日(火)より予約受付開始。
問い合わせ先 音楽学部 演奏委員会室
045-681-5189(8月・9月=火木10:00~15:00/10月~=月火木金10:00~17:00)