キャンパスライフ

学びを支える2つのキャンパス

緑園キャンパス

Ryokuen Campus

キャンパスに充実の設備が整っています。
閑静な住宅地に広がる緑あふれるキャンパス。学生の学びを支える充実した設備はこのキャンパスの自慢です。

  • CLA棟
    (全学教養教育棟)

    全学教養教育を推進する拠点として、専用の校舎「CLA棟(全学教養教育棟)」が整備されています。アクティブ・ラーニング対応教室も充実。

  • CLA棟
    (全学教養教育棟)

    全学教養教育を推進する拠点として、専用の校舎「CLA棟(全学教養教育棟)」が整備されています。アクティブ・ラーニング対応教室も充実。

  • チャペル

    毎日カリヨンベルが時を知らせると静かに礼拝が始まります。

  • チャペル

    毎日カリヨンベルが時を知らせると静かに礼拝が始まります。

  • キダーホール・緑園

    授業・音楽演奏両用の多目的ホールです。可動式の教壇、プロジェクター・スクリーンを備えています。

  • 学生食堂(アンデレ)

    食堂は2階まで吹き抜けの明るい空間です。学生の健康を考えながら栄養面にも工夫をこらして毎日のランチを提供しています。

  • F Cafe、学生ホール

    F Cafeは「くつろぎ」「エコ」「おしゃれ」をコンセプトとしたキャンパス内の憩いの空間です。飲食・休憩だけでなく、自習スペースとしても多くの学生に活用されています。

  • 中央広場

    緑園キャンパスの中心部に位置する広場。芝生のスペースもあり、学生の憩いの場になっています。

  • 体育館

    メインフロア、サブフロアと部室棟から構成され、授業時間以外にも自由に使えるトレーニング室には運動用マシーンが設置されています。雨水利用の屋根散水設備等、エコの点でも優れた建物となっています。

  • 体育館

    メインフロア、サブフロアと部室棟から構成され、授業時間以外にも自由に使えるトレーニング室には運動用マシーンが設置されています。雨水利用の屋根散水設備等、エコの点でも優れた建物となっています。

  • グラウンド、
    テニスコート、
    アーチェリー場

    多目的グラウンドとテニスコート4面、アーチェリー場などがあります。授業のほか、部活動などに使われています。

  • グラウンド、
    テニスコート、
    アーチェリー場

    多目的グラウンドとテニスコート4面、アーチェリー場などがあります。授業のほか、部活動などに使われています。

山手キャンパス

Yamate Campus

伝統と先進が融合したキャンパスです。
創立者メアリー・E.キダーが、この地に開学して以来の歴史が残るキャンパスです。歴史を感じさせる一方で、音楽学部の3・4年次生が学ぶ施設には、最新の設備が整っています。

  • 8号館

    多用な形態の教室、レッスン室などが配置された地上5階建ての校舎です。ここでは音楽学部3・4年次生に向けた多彩な教育が展開されています。音楽練習棟にも隣接しており、山手キャンパスの中心となる校舎です。

  • 6号館

    山手キャンパスの事務室や図書館山手分室、情報リテラシー教室があります。1階には就職資料コーナーなどに加え、学生が授業やレッスンの合間に友人たちよくつろげる多目的コーナーもあり、広く活用されています。

  • 4号館(音楽練習棟)

    鉄筋コンクリート2階建て、全19室の練習室は十分な防音配慮のほか、壁や天井の設計に音の響きを尊重した工夫がなされています。音楽学部の学生にとっては、山手キャンパスの中核的な施設となっています。

  • 10号館

    日本に数多くの優れた作品を残したA.レーモンドによって設計された「インターナショナル(国際様式)」といわれる建築様式のこの建物は、貴重な建物として「横浜市認定歴史的建造物」に認定されています。

  • 多様な教室と練習施設

    授業やレッスン、そして個人練習の内容に応じて使い分けが可能です。8号館の「アートサロン」の壁画は鏡張りになっており、フォームを確認しながら練習できます。

  • 多様な教室と練習施設

    授業やレッスン、そして個人練習の内容に応じて使い分けが可能です。8号館の「アートサロン」の壁画は鏡張りになっており、フォームを確認しながら練習できます。

  • 図書館山手分室/
    情報リテラシー教室

    図書館山手分室では、楽譜やCD、DVD、レコードなど音楽資料や、音楽書・讃美歌関係資料を多数所蔵しています。また、パソコン(Mac)を20台設置する情報リテラシー教室には、デジタル音楽創作をサポートする設備も整っています。授業の空き時間には自由に使用できます。

  • 図書館山手分室/
    情報リテラシー教室

    図書館山手分室では、楽譜やCD、DVD、レコードなど音楽資料や、音楽書・讃美歌関係資料を多数所蔵しています。また、パソコン(Mac)を20台設置する情報リテラシー教室には、デジタル音楽創作をサポートする設備も整っています。授業の空き時間には自由に使用できます。

  • フェリスホール/パイプオルガン

    音響設計に優れ、温かい音色を響かせるこのフェリスホール(約400名収容)では、さまざまな演奏会・公開講座、礼拝などが行われており、オルガン演奏やアンサンブルの授業教室としても活用されています。ここにあるパイプオルガンは、アメリカの「テイラー・アンド・ブーティ社」が18世紀北ドイツの様式で製作。その重厚な音色は国内外から高い評価を得ており、パイプオルガンの魅力を発信し続けています。

  • フェリスホール/パイプオルガン

    音響設計に優れ、温かい音色を響かせるこのフェリスホール(約400名収容)では、さまざまな演奏会・公開講座、礼拝などが行われており、オルガン演奏やアンサンブルの授業教室としても活用されています。ここにあるパイプオルガンは、アメリカの「テイラー・アンド・ブーティ社」が18世紀北ドイツの様式で製作。その重厚な音色は国内外から高い評価を得ており、パイプオルガンの魅力を発信し続けています。

充実した4年間を過ごすために

学生サポート

学生サポート窓口

大学生活を送る中で必要とされるさまざまな情報の発信や手続き・相談を担当しています。 定期的にオリエンテーションやガイダンスを行うほか、掲示板やWebを通して有益な情報を日々提供しています。

保健室

応急手当はもちろん健康と生活に関する相談を随時受け付けています。定期健康診断後のケアも行います。

学生相談室

大学生活や将来のことなど、さまざまな悩みや不安、困難に陥ったときに利用できます。臨床心理士が相談に応じます。

バリアフリー推進室

障がい、病気、ケガなどにより学修や学生生活で制約を受けている学生のサポートを行います。

学修支援・学生生活支援
プログラム

学長オフィス・アワー

学生が学長と直接対話できる機会です。大学に対して感じていることや考えていることを質問・相談することができます。

学生生活応援プログラム

学生のための課外特別プログラム。これまでに、専門家による料理教室、クリスマスリース作り教室、護身術講座などを行いました。

オフィス・アワー

学生が授業時間外にも、授業に関する質問や学修方法などについて教員に自由に相談できる時間です。学生と教員の双方向の対話を重視した少人数教育を生かすための施策です。全教員が毎週オフィス・アワーを設けています。

アカデミック・アドバイザー制度

専任教員がアカデミック・アドバイザーとして学生一人ひとりに個別対応します。毎学期の履修計画や学習方法、そのほか学修全般について助言を行い、卒業までの学びをサポートする制度です。

フェリスチャレンジ制度

大学生活で学び得たことをもとに学生が発案しチャレンジするプログラムです。

フェリス・フレンドリー・グループ

有志の教員のもと、趣味の勉強会のグループ、昼食を共にしながら話をするグループ、年に数回学外の催しや施設を見学するグループなど、さまざまなグループがあります。学生は、学部・学科・学年に関係なく、自由に活動しています。

フェリス文芸賞

「評価・エッセイ部門」「English Writing部門」「創作部門(小説・詩・戯曲)」「留学生日本語エッセイ部門」からなるコンテストで、受賞者には賞金が贈られます。

フェリス生を支える
ネットワーク

奨学会

学部在学生の父母等保証人を会員として運営されています。各種奨学金、学生活動・学生福利厚生援助などさまざまな支援を行い、奨学会と大学とのつながりが密接になるよう「フェリス・ガイドブック」の作成、父母等保証人懇談会の開催や奨学会報の発行もしています。

同窓会

同窓会は本学の財産でもある卒業生によって構成され、会員相互の交流のほか、本学の発展にも多大に寄与しています。

ページの先頭へ