キャンパスライフ

学びを支える2つのキャンパス

全国エコ大学ランキングに選ばれた緑園キャンパス

Ryokuen Campus

緑園キャンパスは、閑静な住宅地に広がる緑あふれるキャンパスです。そのシンボルと呼べるのが「赤い風車」です。明治時代、山手キャンパスに地下水を汲み上げるために回っていた風車は、「エコキャンパス」の原点といえるでしょう。全国エコ大学ランキングで上位に選ばれた、人と環境にやさしいエコロジー校舎やエコ体育館のほか、図書館やチャペル、情報リテラシー教室など、学生の学びを支える充実した施設が揃っています。

  • CLA棟
    (全学教養教育棟)

    全学教養教育を推進する拠点として、専用の校舎「CLA棟(全学教養教育棟)」が整備されています。アクティブラーニング対応の教室も充実。

  • チャペル

    毎日カリヨンベルが時を知らせると静かに礼拝が始まります。

  • ギターホール・緑園

    授業・音楽演奏両用の多目的ホールです。可動式の教壇、プロジェクター・スクリーンを備えています。

  • 中央広場

    緑園キャンパスの中心部に位置する芝生の広場です。テーブルやいすも設置されていて、ランチを楽しんだり休み時間の学生の憩いの場になっています。

  • 丸善キャンパスショップ

    学内のミニコンビニです。書籍、日用品・文具、飲み物・お弁当・お菓子などのほか、フェリスグッズも扱っています。

  • F Cafe、学生ホール

    F Cafeは「くつろぎ」「エコ」「おしゃれ」をコンセプトとしたキャンパス内の憩いの空間です。飲食・休憩だけでなく、自習スペースとしても多くの学生に利用されています。

  • 体育館

    メインフロアと部室棟から構成され、授業時間以外にも自由に使えるトレーニング室には運動用マシーンが設置されています。雨水利用の屋根飲水設備等、エコの点でも優れた建物となっています。

  • グラウンド・
    テニスコート

    多目的グラウンドとテニスコート4面、アーチェリー場などがあります。授業のほか、部活動などに使われています。

  • 図書館本館

    図書館本館は、学問を深めるための中心施設として毎日多くの学生に利用されています。緑園キャンパスのほぼ中央に位置し、キャンパス内を移動する途中いつでも立ち寄ることができます。また、ノートパソコンで館内のどの席でもインターネットを利用できます。約500の座席を備えた開放的でゆったりとした空間で、読書や授業準備はもちろん、空き時間などを利用して映画鑑賞なども楽しめます。

異国情緒あふれる山手キャンパス

Yamate Campus

創立者メアリー・E.キダーがこの地に開校して以来の歴史が、校舎やキャンパスを含む木々などから感じられます。一方で常に先進の設備を導入し、学生の学びをサポート。
港からほんのり潮風が運ばれる緑豊かなキャンパスが、元町や山下公園、そしてみなとみらい21エリアにも近い絶好のロケーションがあることも大きな魅力です。

  • 音楽練習棟(4号館)

    鉄筋コンクリートで2階建て、全19室の練習室は十分な防音配慮のほか、壁や天井の設計に音の響きを尊重した工夫がなされています。音楽学部の学生にとっては、山手キャンパスの中核的な施設となっています。

  • 情報リテラシー教室
    (6号館)

    情報リテラシー教室にはパソコンが20台あり、授業の空き時間には自由に使用することができます。また、デジタル音楽創作をサポートする設備も整っています。

  • 10号館

    日本に数多くの優れた作品を残したA.レーモンドによって設計された「インターナショナル(国際様式)」といわれる建築様式のこの建物は、建築史・文化史のうえで貴重な建物として「横浜市認定歴史的建造物」に認定されています。

  • 8号館

    多用な形態の教室、レッスン室等が配置された地上5階建ての校舎では、音楽学部の多彩な教育が展開されています。音楽練習棟にも隣接しており、音楽学部の学生にとって山手キャンパスの中心となる校舎です。

  • 図書館山手分室
    (6号館)

    楽譜やCD、DVD、レコードなど音楽資料や、音楽書・讃美歌関係資料を多数所蔵しています。視聴覚資料は各種オーディオ機器を使用して自由に視聴できます。また緑園本館の資料を取り寄せることもできます。

  • フェリスホール

    音響設計に優れ、あたたかい音色を響かせるこのフェリスホール(約400名収容)では、さまざまな演奏会やアンサンブルの授業教室として、音楽学部の学生にはとても身近な音楽空間となっています。

  • カフェテラスフェリス
    (6号館第1別館)

    同窓生が中心となって運営している学生食堂。ランチタイムとティータイムに利用できます。食材にこだわり栄養バランスを考えた、すべて手作りのメニューが大好評です。

  • 重厚な音色が国内外から高い評価を得ているパイプオルガン

    フェリスホールには、アメリカの「テイラー・アンド・ブーディ社」が18世紀北ドイツの様式で製作した本格的なパイプオルガンがあります。その重厚な音色は国内外から高い評価を得ており、パイプオルガンの魅力を横浜山手の丘から発信し続けています。

先輩からあなたへ

RECOMMEND Ferris

テーマにそった多彩な活動を展開読書運動プロジェクト

林陽子 音楽芸術学科3年 神奈川・向上高等学校出身

読書運動プロジェクトは、もっと本に関心をもってもらうために2002年から始まった活動です。毎年テーマを設定し、朗読会を中心とする朗読チームと展示を中心とする学生メンバーに分かれて、さまざまな活動を展開しています。

私の所属する学生メンバーは、本を持ち寄って紹介する読書会や、その年のテーマに合わせた場所を訪れる文学散歩、図書で購入する本を書店で選ぶ選書ツアーなどを実施しました。

こうした企画は図書の職員の方々を交えて、週に1度行われるミーティングで話し合って決められます。去年は私が提案した、他大学と図書館交流企画が実現しました。自分の企画が実現したことは本当にうれしく、活動意欲がさらに高まりました。

文化祭ではしおり作りのワークショップと展示を行いました。子どもたちが自分で作ったしおりをうれしそうに見せてくれたこと、大人の方にも喜んでもらえたことは忘れられない思い出になりました。

close

学生時代にしかできない貴重な体験学生による学会活動

渡邉萌子 国際交流学科3年 静岡・静岡雙葉高等学校出身

学生時代にしかできない活動をしたいと思い国際交流学会に入りました。国際交流学会は、学生に役立つ企画を立案、実行する団体で、私たちの学会役員が主体となって週に1度ミーティングを行い、活動内容を話しあっています。主な活動としては年に2回開催している講演会の企画・運営と学会報の発行です。講演会は講師の選定からポスター作成、講演会の司会、受付、講師の方への対応まで行います。

準備に気を配ることも多く大変ですが、講演会当日に多くの学生が真剣に講演者のお話しを聞いているのを見ると、とてもうれしい気持ちになります。また学会報『Brilliant』は、毎回、留学レポートやゼミ紹介など学生が興味をもつコンテンツを考え、掲載しています。

こうした活動は学生時代にしかできない貴重な経験ですし、学会の活動を通して、多くの学びを得られることも魅力です。大学生活で何かにチャレンジしたい人や、将来企画や出版などのお仕事に興味がある人にはおすすめです。

close

楽しみながら広がる「身近なエコ」エコキャンパス研究会

高貴小百合 日本語日本文学科3年 神奈川・麻布大学附属高等学校出身

エコキャンパス研究会は、「楽しいエコ」「フェリス生らしいエコ」をモットーに、学生の「やりたい」という声から生まれた企画をひとつずつ実現しています。たとえばオリジナルタンブラーの販売、親子を対象としたエコ講座、農業体験合宿やインドネシアへの熱帯雨林保全活動の視察など、これまで多くの活動を展開してきました。近年ではテレビや新聞の取材を受けることも多く、環境省や企業から共同プロジェクトの依頼もくるようになりました。

現在いちばん積極的に取り組んでいるのは、地産地消を目的とした地元企業との商品開発です。こうした活動が評価され、エコキャンパス研究会はこの1年で3つの賞をいただきました。「女子大生の自分たちにしかできないこと」をつねに考え、話しあっています。

今後も身近なエコ活動を自分たちも楽しみつつ、地域や企業の方々、大人から子ども、さらには発展途上国の人々まで巻きこんでいきながら、活動していきます。

close

季節を感じさせてくれるメニュー学生食堂

杵淵恵 コミュニケーション学科3年 千葉・市原中央高等学校出身

フェリスの学食はおいしいうえに、季節を感じさせてくれます。たとえば5月には鯉のぼり形のグラタンが、ハロウィン近くにはジャック・オー・ランタンの絵が描かれたカツなどが並びます。季節と食事がいっしょに楽しめるこの特別メニューは私のいちばんのお気に入りです。

また学食のメニューには学生の意見を反映して作られているものもあります。私たちの意見を積極的に採用してくれることも学食の大きな魅力です。また、カロリーや栄養素の表示もされているので、健康やダイエットに気を遣っている人にも最適です。

1・2年次の頃はほぼ毎日通い、いまでもよく利用しています。夏場はお弁当が傷む可能性があるので、衛生管理のしっかりした学食での食事はとても助かりました。自炊では難しいメニューを安価に食べることができるので、ひとり暮らしの人には大きな味方になると思います。

close

フェリスのみどころ

充実した4年間を過ごすために

キャンパスライフサポート

学生サポート窓口

学生支援センター
学生生活を送るうえで大切な心身の健康をサポート

保健室

応急手当はもちろん健康と生活に関する相談を随時受け付けています。定期健康診断後のケアも行います。

学生相談室

学習面、生活面あるいは将来のことなど、さまざまな悩みや不安、困難に陥ったときに利用できます。専門の臨床心理士が相談に応じます。

バリアフリー推進室

障がい、病気、ケガ等により学習や学生生活で制約を受けている学生のサポートを行います。

国際課
海外留学、国際交流活動、外国人留学生の支援
就職課
就職や進路に関する支援

学修支援・学生生活支援
プログラム

アカデミック・アドバイザー制度

専任教員がアカデミック・アドバイザーとして学生一人ひとりを担当し、充実した学修生活を送れるようにサポートする制度です。アカデミック・アドバイザーは、大学における身近な存在として、履修、学修方法等、学修全般の指導を行います。

オフィスアワー

少人数教育の良さを生かし、教員と学生がコミュニケーションをはかるために、本学では全教員が毎週オフィスアワーを設け、どの教員にも自由に相談できる機会を設けています。

学生生活応援プログラム

学生のための課外特別プログラム。これまでに、専門家による料理教室、クリスマスリースづくり教室、護身術講座などを行いました。

フェリスチャレンジ制度

大学生活で学び得たことをもとに学生が発案しチャレンジするプログラムです。

フェリス・フレンドリー・グループ

有志の教員のもと、趣味の勉強会のグループ、昼食をともにしながら話をするグループ、年に数回学外の催しや施設を見学するグループなど、さまざまなグループがあります。学生は、学部・学科・学年に関係なく、自由に活動しています。

フェリス文芸賞

「評価・エッセイ部門」「English Writing部門」「創作部門(小説・詩・戯曲)」「留学生日本語エッセイ部門」からなるコンテストで、受賞者には賞金が贈られます。

ページの先頭へ