Ferris Topics

国際交流・留学

思い立ったその日から、TOEFL iBT の基準をクリアするために、英語の勉強を始めました。

海外交流課の個別相談を利用して疑問や不安を解消

留学準備

カナダのビクトリア大学付属語学学校(University of Victoria ELC)に、認定留学生として、派遣されることが決定しました。期間は、大学3年の後期の半年間です。

 

大学1年の冬、ふと自分の将来について考えた時に、「将来は英語を使った仕事に就きたい、そのためには、今何をすべきか」と思い、その頃から「留学」を意識し始めました。
留学をするなら、4年間で卒業でき、留学先の大学で取得した単位がフェリスでも認められる、「認定留学」と決め、海外交流課の個別相談を利用して疑問や不安を解消しながら準備を進めました。
認定留学は受け入れ先を自由に選ぶことが出来るので、治安が良く、自然豊かな地で学びたいと思ったことから、カナダの大学を選びました。

 

認定留学生として認められるには、TOEFL iBT のスコアとフェリスでの成績(GPA)の基準をクリアしなければなりません。そのため、英語の勉強を重点的に頑張りました。
思い立ったその日から、参考書を書店に買いに行き、TOEFL iBTの勉強を始めました。Readingが苦手だったので、特に時間をかけて勉強しました。

 

そして6回目のTOEFL iBTテストで基準の点数をクリアすることが出来ました。
何度も受けて、気がめいりそうになりながらも、夢である「留学」を胸に、ひたすら努力しました。達成できた時の喜びは計り知れないものでした。

 

また、留学が決定してからはフェリスの「留学準備講座」などに参加しました。
特にその中の「異文化ワークショップ」では、自分はフェリスだけでなく日本人の代表としてカナダに勉強に行くのだという自覚をすることができました。

 

海外留学は、自分が変われるチャンスを与えてくれます。今までと違った自分に会える、そして成長できる良い経験です。
フェリスでは、海外留学のプログラムが充実しています。ぜひ皆さんにも、夢を追いかけ、つかみとっていただけたらと思います。

 

ページの先頭へ