イギリスの学術季刊紙『BAVS: British Association for Victorian Studies』に近藤存志教授の著書『A Victorian Architectural Controversy: Who was the Real Architect of the Houses of Parliament?』が紹介されました

近藤 存志教授(文学部 英語英米文学科)の著書『A Victorian Architectural Controversy: Who was the Real Architect of the Houses of Parliament?』(Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars, 2019)が、イギリス・ヴィクトリア朝研究の学術季刊紙『BAVS: British Association for Victorian Studies』で紹介されました。

本書については、こちらをご覧ください。