第10回フェリス女学院大学日本文学国際会議「夏目漱石国際シンポジウム」を開催します

12月8日(木)、9日(金)、10日(土)の3日間、第10回フェリス女学院大学日本文学国際会議を開催します。
第10回となる今回のテーマは、2016年に没後100年、2017年に生誕150年を迎える「夏目漱石」。世界の第一線で活躍する日本文学研究者をお招きし、研究の最前線の状況を紹介するとともに、新しい研究の流れを造りだすことを目的としたシンポジウムです。
詳細はこちらから

また、本シンポジウムでは、企画の一環として「漱石国際エッセーコンテスト」も実施いたします。日本語を母語としない外国人、留学生のみなさんに、世界で漱石がどのように読まれているかを「漱石とわたし」をテーマにエッセーに綴ってもらいます。

詳細はhttp://www.asahi.com/shimbun/sosekiessay.htmlをご覧ください。

シンポジウム、漱石国際エッセーコンテストは、ともに、フェリス女学院大学と、朝日新聞社・岩波書店・国際交流基金の4者主催での開催となります。

20160520_ns