卒業生・修了生の皆様へ~学長からのメッセージ~

卒業・修了おめでとうございます。本来なら、お一人おひとりに会って、学位記を手渡しするはずでした。しかし今年は感染症拡大防止への配慮から卒業礼拝・学位授与式を行うことができませんでした。式典の中止はつらい決断でした。また、卒業生・修了生とそのご家族・関係者の皆様にとっては、どんなにか残念なことだったかと思います。

今は感染症で困難な状況にある世界中の方々、問題に取り組み働く方々を覚えて祈ると同時に、フェリスに連なるすべての人の健康が守られることを祈るばかりです。しかし、収束したその日には、式典にかわるイヴェントの開催を計画しています。そのときは、皆で健やかに「フェリス生らしい笑顔」で再び集まりましょう。

卒業礼拝・学位授与式では、立派に成長した卒業生たちの姿を皆で確認し、社会の現場に派遣する式典を予定していました。式典の実施はかなわなくなりましたが、みなさんをフェリスが「誇る」卒業生・修了生として社会の現場に派遣する気持ちに変わりはありません。また、そのために必要な準備も、大学での学びを通じて各自の内にすでになされてきたと信じています。

苦難のときにあっても、いたずらに不安に陥ったり落胆するだけでなく、「めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払う」ことができる私たちになりたいと思います。先行きの見えない状況にあっても、「信仰・希望・愛」をつねに胸に、互いに支えあい、励ましあって、困難な時をのりこられる私たちでありたいと思います。

式典はできませんでしたが、教職員一同、みなさん一人ひとりの新しい出発を心から祝し、これから歩まれる道のりが、すこやかで、祝福された、実り豊かなものになるよう祈っています。卒業・修了おめでとうございます。

フェリス女学院大学
学長 秋岡 陽