フェリス女学院大学の緊急時経済的支援策のご案内

学生・父母等保証人の皆様

フェリス女学院大学 学生部長
上原良子

 

本学ではこの度のコロナ禍を受けて、将来にわたり経済的理由による退学者を一人も出さない決意をもって、従前から取組む幾重もの学生支援策の運用に幅を持たせるとともに、必要に応じて予算の増額を決定いたしました。以下、準備中のものもございますが、現時点での本学の支援策を案内いたします。

学納金への支援策

本学ではまず、2020年度から運用が開始された「高等教育の修学支援新制度」への申請の取次ぎを行っております。この奨学金は返還の必要が無い給付型の支援制度です。コロナ禍での経済急変にも対応しております。日本学生支援機構のWebサイト(https://www.jasso.go.jp)で「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援」をご確認いただいた上で、学生課までご相談ください。

同じく日本学生支援機構が運用する貸与奨学金の申請も、学生課において支援いたします。こちらは将来返還が必要な貸与奨学金ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合も含め募集しております。
以上の公的な奨学金を受けてもなお、修学が困難な場合には、最大で年額授業料等学納金相当額を無利子で貸与する「フェリス女学院大学奨学金」がございます。卒業後でも計画的に返還していただければ結構です。

学納金を本学が指定する日までにご用意いただけない場合には、従来から設けております「学生納付金遅延制度」によって当該学期内に限って納入期限のご相談に応じております。今般の緊急事態に対応して、当該学期内に学納金の準備が整わない場合には、上記の「フェリス女学院大学奨学金」を貸与できるように、学内の制度運用を拡大できるようにいたしました。

新型コロナウイルス感染拡大によって、学納金をご準備いただく方(学生本人、保証人等)の経済状況が変化した場合には、これらの国の制度と本学独自の奨学金制度を適切にご紹介しつつ、一緒に検討いたしますので、早めに学生課にご相談ください。

生活費への支援策

奨学会(本学に在籍する学生の父母等保証人の会)のご支援により従来から運用している、一人10万円を限度とした「短期貸付金制度」がございます。普段は、お財布を忘れてきたり、落としてしまったりした際の短期貸出し、急な通院のための費用の貸出し等が主な対象です。

今後、コロナ禍と不況の長期化により、アルバイトによる収入が不安定な学生なども増えてくることを想定して、とりあえず2020年度末まで、1か月一人当たりの上限を5万円として多数の学生に貸出すことができるように運用方法を変更し、同時に奨学会が用意くださる原資に加え、大学予算から必要となる額を充当することを決定しました。来年度についても当該制度の継続した運用を検討してまいります。
この貸付金は原則として1年以内に返還していただく制度ですが、それが困難となった場合には、お貸しした額を上記の「フェリス女学院大学奨学金」として貸与することとし、卒業後に計画的に返還していただけるようにいたします。
その他、経済的に厳しい状況にある学生を対象に、学内でのアルバイトの機会の提供も検討しております。

以上、学生一人ひとりの状況に応じて、きめ細やかな支援を行ってまいる所存です。現在準備中のものもございますが、申し込み方法等の詳細につきましては決定次第FerrisPassportを通じて随時ご案内いたします。
具体的な申請手続き、ご不明な点等の相談につきましては、以下の学生課の連絡先までお問合せくださいますようお願い申し上げます。

学生課
TEL:045-812-9127
e-mail:

末筆ながら、学生の皆さん、保証人の皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。