新型コロナウイルス感染症に関わる注意喚起

学生各位

フェリス女学院大学
保健室・学生課

新型コロナウイルス感染症拡大が全国でも著しく、また若者の感染者数が急速に増えています。一人ひとりの日常生活においても自覚をもって努めることが大切です。自分の身を守るため、また感染を広げないためにも、新しい生活様式を取り入れていきましょう。

以下のことをご確認ください。
■ 毎日検温し、健康観察を行いましょう。FerrisPassport掲示に添付の「健康観察チェックシート」を活用し、医療機関を受診する際の参考として活用してください。

■ 感染拡大のリスクを高める環境(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発話)を回避し、不特定多数の人が集まるイベントへの参加を自粛してください。4月より本学ではサークル活動等課外活動は禁止しています。また学外においても集団での会食などは引き続き自粛してください。

■ 微熱・咳やのどの痛みなどの風邪症状・倦怠感といった体調不良のある場合は外出を控えてください。

■ 日頃から手洗いや外出時のマスクの着用など感染予防に努めてください。また顔や目を触らないような習慣をつけましょう。

■ 感染が判明した、又は感染者の濃厚接触者に特定された場合は必ず保健室・学生課へ連絡してください。医療機関等受診した際に特別な指示があった場合も報告をお願いします。

■ 持病のある方(てんかん、糖尿病、心疾患、呼吸器疾患、自己免疫疾患、化学療法中、免疫抑制剤使用中、人工透析治療中、精神疾患、障がいなど)で大学での合理的配慮を求める場合は事前に保健室にご相談ください。

問い合わせ先:フェリス女学院大学
保健室:045-812-9184
学生課:045-812-9127