1月7日発出の緊急事態宣言を受けての本学の対応

学生・保証人・教職員 各位

1月7日(木)に4都県に対して緊急事態宣言が発令されました。
これに伴う1月18日(月)以降の本学の対応についてお知らせいたします。

本学では、緊急事態宣言の内容から「新型コロナウイルス感染拡大防止および学生・教職員の安全確保のための基本方針」に基づく現状をLevel_3にあると認識し、緑園・山手キャンパス共に学生の入構を禁止し、以下のとおりといたします。

1.1月18日(月)から1月25日(月)までの学部の授業、同30日(土)までの大学院授業は、引き続き全て遠隔授業で行います。
2.ただし、レッスン科目や実技試験は例外とし、それらの実施方法と、これに伴う練習室等の施設利用につきましては別途個別にお知らせいたします。
3.集中講義等の対応については別途お知らせします。

なお、1月15日(金)までは、「【大学からのお知らせ】対面授業の中断について」(FerrisPassport2020年12月16日掲示)のとおりです。
事務窓口、図書館の利用等について現在の状況から変更される場合には、随時お知らせしてまいります。

学年末、卒業を控えた重要な時期になりますが、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
不要不急の外出を避け、感染防止に努めてください。
皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

2021年1月9日
フェリス女学院大学
新型コロナウイルス対策本部