式典及び2021年4月以降の授業実施方針について(2月26日現在)

入学予定者及び学生・保証人・教職員各位

本学では、2回目の緊急事態宣言が発令されたことを受けて、「新型コロナウイルス感染拡大防止及び学生・教職員の安全確保のための基本方針」に基づく現状をLevel_3にあると認識し、現在、「1月7日発出の緊急事態宣言を受けての本学の対応(2021年01月09日)」を継続しております。
また、「2021年度の授業実施方針等について(2020年12月4日)」(以下、「授業実施方針」とする。)において、2021年4月以降の授業は原則対面で実施する方針をお示しし、2月末時点での状況を改めてお知らせすることとしておりましたので、以下にお知らせいたします。

2021年4月以降の授業実施方針は、本日の時点では変更はございません。
入学予定者を含む学生各位には既に別途お伝えしてありますが、オリエンテーションの各プログラム及び第1週の授業は全て遠隔で行うことが決まっており、現在の方針どおりの場合、対面による授業開始は4月19日(月)からとなります。
ただし、今後の緊急事態宣言の発出状況などによって変更の可能性もございますので、最終的な判断を3月9日(火)迄に改めて公式サイトでお知らせいたします。

なお、2020年度学位授与式の実施につきましては、既に卒業予定者にお知らせ済みですが、最終的な実施形式については、3月9日(火)に改めてお知らせいたします。
2021年度入学式の最終的な実施形式につきましては、3月16日(火)に改めてお知らせいたします。

2021年2月26日
フェリス女学院大学
新型コロナウイルス対策本部