4月20日発出の「まん延防止等重点措置」の適用を受けての本学の対応

学生・保証人・教職員各位

「まん延防止等重点措置」が神奈川県横浜市にも適用されることとなりました。本学では、大学・学院保健室と連携して、可能な限りの感染防止策を講じておりますので、キャンパスでの学びを止めないためにも、引き続き感染防止の諸策を徹底しつつ、学部・大学院の授業は、当初の予定どおり継続いたします。

同時に、学生の皆さんには、対面授業を継続して実施していくために、学内でのクラスターが発生しないよう、学内外において、社会的に責任ある行動をとるようお願いいたします。特に会食等は自粛するとともに、昼休みや授業前後の学内での食事においても、「黙食」に努めるようお願いいたします。

なお、今後の感染状況等によっては、「2021年度新型コロナウイルス感染症対策にかかる基本方針」で示した活動制限レベルを引き上げる可能性があります。大学からのメールやFerrisPassport、公式サイトを定期的に確認するようにしてください。

2021年4月20日
フェリス女学院大学
新型コロナウイルス対策本部