5月17日からの授業実施形態等について

学生・保証人・教職員各位

「新型コロナウイルス陽性者の発生に伴う授業実施形態の変更について」の詳細について次のとおりお知らせいたします。

■授業について

5月17日(月)~21日(金)の授業は原則として遠隔授業とします。ただしシラバスにて「遠隔受講不可」とされている科目及び音楽学部レッスン科目(ディプロマ生のレッスン受講含む)については、対面授業・レッスンを継続します(ただし担当教員が臨時で遠隔授業としている場合や遠隔受講希望により遠隔受講をしている場合はその限りでありません)。
自身の履修している科目が「遠隔受講不可」科目に該当するかはシラバスにて確認できます。

履修科目のシラバスは
FerrisPassportにログイン >履修授業 >シラバス照会
で確認してください。

■課外活動について

既に許可を受けている活動を含め5月14日(金)~21日(金)の対面活動は禁止とします。

■入構、施設設備の利用について(2021年5月14日現在)

本学では現在も入構制限を継続して行っています。在学生、教職員の他、事前に許可された方以外は入構できません。

教室ほか授業が行われる建物、図書館、学生ホール・ラウンジ、食堂、売店、音楽練習室は利用できます。
証明書発行機も利用できます。
その他の施設設備等の利用可否については、それぞれの場所の掲示で確認してください。

※施設設備の消毒は日々行っており、今回の事案に関係するエリアについても既に完了しています。

■事務窓口について

通常の開室時間で窓口事務取扱を行います。
研究室やセンターについては、掲示やFerrisPassport等でご確認ください。

2021年5月14日
新型コロナウイルス対策本部