8月2日発出の緊急事態宣言を受けての本学の対応

学生・保証人・教職員各位

8月2日(月)に神奈川県に対しても緊急事態宣言が発令されました。
これに伴う本学の対応についてお知らせいたします。

本学では、緊急事態宣言の内容から「2021年度新型コロナウイルス感染症対策にかかる基本方針」に基づく現状をLevel_3にあると認識しております。

この基本方針のもと、緊急事態宣言期間を含む夏季休業期間中は入構制限を継続することとします。
入構事由に該当する学生、教職員、事前に許可された方以外はキャンパス入構できません。
許可となる入構事由、窓口事務取扱については、FerrisPassport(2021/07/24発信)でご確認ください。

なお、課外活動に関しては、オンラインでの活動のみとし、対面での活動は中止とします。

また、前期集中講義(第2ターム:8月23日~9月3日)の対応等に関しては、別途FerrisPassportでお知らせします。

皆様には不要不急の外出を避け、感染防止に努めてください。特に若年層の感染者が増加傾向にありますので、休暇中の行動には十分にお気を付けください。
皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

2021年8月2日
フェリス女学院大学
新型コロナウイルス対策本部