10月28日以降の「2021年度新型コロナウイルス感染症対策にかかる基本方針」のレベル判断について

学生・保証人・教職員各位

新型コロナウイルス感染者の減少傾向、及び飲食店に対する営業時間の短縮等の要請が全面的に解除されたことを受けて、本学では「2021年度新型コロナウイルス感染症対策にかかる基本方針」の段階をLevel_1に下げることといたしました。

Level_1には下がりますが、キャンパス内の感染防止策や授業の実施形態はLevel_2の現状を維持します。
Level_1になることで変わるのは、課外活動についてです。Level_2では活動の制限がありましたが、今後は感染防止策を講じた上で許可していくこととします。
この変更を受けた対応の詳細は、課外活動に関わる各所管からそれぞれ発信されますので、ご確認ください。
ただし、フィールドワーク等については学外での活動であるため、当面の間は現在の運用を継続することとしますので、実施される際には「フィールドワーク等実施申請」の手続きをお願いいたします。

なお、今後、感染状況が悪化するような場合には、大学が適宜レベル判断をして、遅滞なく各種制限を再設定していくこととします。

感染状況がこのまま推移することが望まれますが、寒い時期を迎え、残念ながら再拡大も考えられます。レベルを下げる判断となりましたが、感染防止については気を緩めることなく、引き続き皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

2021年10月28日
フェリス女学院大学
新型コロナウイルス対策本部