フェリス女学院大学の学生による「アンネのバラ育成プロジェクト」が今年もバラのポプリを制作

フェリス女学院大学(横浜市泉区、学長:秋岡 陽)では、“For Others(他者のために)”の教育理念に基づき、多くの学生がボランティア活動に参加している。活動領域は子どもの学習支援、平和・人権活動、地域福祉、環境保全など多岐にわたり、中でも「アンネのバラ育成プロジェクト」は、その象徴的な事業である。今年は昨年よりも多くの花が咲きそろい、たくさんのポプリを作成した。

アンネのバラ(Souvenir d’ Anne Frank、日本では「アンネ・フランクの形見」といわれる)は新品種の四季咲きのバラで、ベルギーの園芸家ヒッポリテ・デルフォルヘ氏が作出したもの。「戦争のない、平和な世界に」というアンネの願いがこめられている。バラは蕾のときは赤、開花すると黄金色になり、時間の経過とともに淡いピンクから濃いピンクへと変色する。

フェリス女学院大学は2003年11月、同大名誉教授の本間慎元学長を通して、当時NPO法人ホロコースト教育資料センター副理事長だった故・黒川万千代氏の協力により、バラ育苗家の山室健治氏から「アンネのバラ」の寄贈を受けて「アンネのバラ園」を開設。以降、ボランティアセンターで「アンネのバラ育成プロジェクト」を発足し、学生スタッフらが日々の水やりや剪定等を行っており、バラ園では春から秋まで美しい花を観賞することができる。

学生スタッフは、花が咲き始める頃から草取りや摘花など、丁寧に手入れを行う。バラの花が咲ききると、摘み取った花びらを乾燥させ、ローズオイルを混ぜてポプリを作成。今年はバラの花びらが多く収穫できたため、例年よりもたくさんのポプリが完成した。
完成したポプリはメッセージカードを添えて学内で配布。ポプリを包むオーガンジー生地の裁断や縫製、リボンの選定やメッセージカードのデザインもすべて学生スタッフが企画した。

同大では毎年、アンネの誕生日である6月12日に近い日と、フェリス女学院の「アンネのバラ園」が作られた11月17日頃には平和への願いを込めて記念礼拝を開催。これらの礼拝も学生スタッフが運営している。

また、今年はアンネ生誕90周年を記念して6月3日~28日まで、図書館とボランティアセンターの共催で「アンネ・フランクと希望のバラ」と題したパネル展を開催中(学内での公開のみ)。さらに、秋のバラ開花にあわせて現在イベントを企画している。

【アンネのバラ】

【ポプリ】

【学生スタッフ剪定の様子】

(参考)
■アンネのバラ育成プロジェクト
2003年に開設した「アンネのバラ園」の「アンネのバラ」を育成している学生プロジェクト。ボランティアセンターの学生スタッフが日々の水やりや剪定等を行っている。
※詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.ferris.ac.jp/information/campus-center/volunteer-center/anne.html

■ボランティアセンターについて
教育理念「For Others」の精神のもと「新しい時代を切り拓く」女性の育成を目指すフェリス女学院大学では、学生が自ら社会に出て問題を発見し、その解決のために、他の人々と協力しながら行動していく能力を養うため、2003年4月にボランティアセンターを学内に設置。学生個人の自主性に委ねられてきたボランティア活動を、大学としてさらに積極的にサポートしている。
※学生によるボランティア活動の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.ferris.ac.jp/information/campus-center/volunteer-center/project.html

(関連記事)
・フェリス女学院大学ボランティアセンターの学生スタッフによる国際・平和人権活動「アンネのバラ育成プロジェクト」 — 今年も「アンネのバラ」が満開に(2017.05.15)
https://www.u-presscenter.jp/2017/05/post-37307.html

▼本件に関する問い合わせ先
企画・広報課
植村・粟原・敦賀
住所: 〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL: 045-812-9624
FAX: 045-812-8395
E-mail: kikaku@ferris.ac.jp