2021年07月15日

フェリス女学院歴史資料館が8月5日(木)にワークショップ
「ラトガース大学出身の在日宣教師たち」をオンラインで開催

フェリス女学院歴史資料館(神奈川県横浜市)は、8月5日(木)にラトガース大学、東京女子大学国際関係専攻と共催で、ワークショップ「ラトガース大学出身の在日宣教師たち」をオンラインにて開催いたします。このワークショップは、ウィリアム・グリフィスの来日150周年と、フェリス女学院の創立150周年を記念して企画されたイベントです。一般の方の参加も可能です(入場無料、要申し込み)。

フェリス女学院は、1870年に、アメリカ改革派教会(Reformed Church in America 以下、RCA)から派遣された女性宣教師メアリー・E. キダーによって創設されました。本ワークショップ共催校であるラトガース大学もRCAが設立した大学を母体としており、フェリス・セミナリー(創設時の校名)の発展に大きな役割を果たした第2代校長ユージン・S. ブースや第4第校長ルーマン・J. シェーファーはラトガース大学の卒業生でもあるなど、両校は歴史的に深い関係にあります。2020年はフェリス女学院が創立150周年を迎え、またラトガース出身のウィリアム・グリフィスの来日150周年にもあたることから、今回のワークショップが企画されました。

本ワークショップでは、ラトガース大学を卒業した宣教師たちの日本の教育振興における働きについて、3名の講師からご報告いただきます。ラトガース大学アジア言語文化学科の「Rutgers Meets Japan」プロジェクトの一環で、同大学の若林晴子氏も来日される予定です。

■日  時:2021年8月5日(木) 13時00分~ 16時30分
■開催方法:オンライン(Zoom)
■参加費:無料
■申込方法:下記URLの申込フォームまたは右記のQRコードから事前にお申込みください。
URL:https://forms.gle/6NrBeKBzxX7kc2RQ6
お申込みいただいた方にはZoomの招待状をお送りいたします。
■申込期限:8月3日(火)15:00締切
■講  師:中島耕二(フェリス女学院歴史資料館研究員)
辻直人(和光大学現代人間学部教授)
小檜山ルイ(東京女子大学現代教養学部教授)
■司  会:若林晴子(ラトガース大学アジア言語文化学科助教授)
※ 詳細は添付のチラシ、または下記URLをご覧ください。
https://www.ferris.jp/news/news_20210629.html