フェリス女学院大学 2023 年度入学者選抜における入試変更について
受験生にわかりやすく、出願しやすい入試に変更します

フェリス女学院大学(神奈川県横浜市 学長:荒井真)は、2023年度入学者選抜<2023年4月入学>において、「総合型選抜」の実施日程の変更、「一般選抜」での外部試験利用の拡大などを始めとする大幅な制度変更を行います。受験生にわかりやすい入学者選抜となるよう配慮するとともに、学内併願の際の入学検定料の割引率の見直しも行いました。

フェリス女学院大学では、これまでも受験生が身に付けた実力を多面的に評価するさまざまな入試を行ってまいりましたが、この度は、さらに受験生にわかりやすい入試制度となるよう配慮するとともに、学内併願の際の入学検定料の割引率の見直しも行いました。2023年度入学者選抜<2023年4月入学>の主な変更点は次のとおりです。

(1) これまでの「秋期特別入試」「公募制推薦入試」の名称を「総合型選抜」に統一。また、実施日程を11月から10月に変更します。
(2) 一般入試A日程の英語・国語の試験時間を、従来の90分から60分に変更。また、リスニングテストを廃止します。
(3) 一般入試B日程では、大学の個別試験(英語・国語・世界史もしくは日本史)に、大学入学共通テスト1科目・英検(実用英語技能検定)を加えた5要素のうち、得点の高い2要素で判定します。
(4) 一般入試「3月期」の名称を一般入試「C日程」とし、大学に来場して受験する試験の得点と英検(実用英語技能検定)のCSEスコアを換算した得点の高い方を判定に利用します。
(5) 大学入学共通テスト利用入試では、英語を英検(実用英語技能検定)に代えることができることとし、得点の高い方を判定に利用します。
(6) 一般入試の同一入試種別において、複数の方式や複数の学科に同時出願する場合は、2つめ以降の出願の検定料は10,000円とします。

この他にも、受験生のみなさんが、入学者選抜において日頃の学習の成果を十分に活かせるような制度変更を行いました。また、編入学試験、大学院入試についても変更を行っています。

2023年度入学者選抜<2023年4月入学>変更点
https://www.ferris.ac.jp/fromferris/admission/exam/
3月30日(水)のオープンキャンパスでも入試変更について説明します。
https://www.ferris.ac.jp/fromferris/news/2022020701/

詳細は、入試ガイド(2022年5月下旬以降配布開始予定)及び学生募集要項(8月以降順次Web公開予定) にてご確認ください。ご不明な点は、本学入試課までお問い合わせください。

▼本件に関する問い合わせ先
入試課 熊澤、長澤
住所: 〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL: 045-812-9183
FAX: 045-812-9529
E-mail: univ-nys@ferris.ac.jp