音楽学部器楽学科卒業生が、ウエストフィールド国際オルガンコンクールで第2位に入賞しました

音楽学部器楽学科卒業生の髙野温子さん(2006年度卒業)が、このたび米国のNY州で行われたウエストフィールド国際オルガンコンクールで、第2位に入賞しました。髙野さんは、本選の最終ラウンドで選ばれた3名の中で、唯一の日本人女性です。

髙野さんはフェリス女学院大学音楽学部を卒業後、ドイツのブレーメン芸術大学で研鑽を積み、アムステルダム音楽院で修士号を取得し、現在はスペインのバレンシア大学の博士課程に在籍中です。

髙野さんのように、卒業後も更に研鑽を積み、さまざまな舞台で卒業生が活躍しています。