新城道彦准教授が、第24回山本七平賞・推薦賞を受賞しました

新城道彦准教授の『朝鮮王公族―帝国日本の準皇族』が、第24回山本七平賞・推薦賞を受賞。「山本七平賞」は、山本七平氏の業績を顕彰することを目的に、 PHP研究所により創設された学術賞で、政治・経済・歴史・思想・宗教・比較文化等の人文社会科学部門のうち優れた著作に授与されるものです。
新城道彦准教授による本作品は、戦後日本で、また韓国で、タブー視されていた王公族について、初めて正面から挑んだもので、韓国併合後の韓国皇族を描いた作品です。