吉田弥生教授が国立劇場伝統芸能情報館の企画展示「かぶき入門」を監修しました

国立劇場伝統芸能情報館・情報展示室
企画展示「かぶき入門」
監修:吉田 弥生(文学部 日本語日本文学科 教授)

今回の展示は、歌舞伎を「初めて見る」、「興味がある」という方に、もっと歌舞伎を知っていただき、できればもっと好きになっていただきたいと思い、企画いたしました。
歌舞伎は江戸時代に成立し、現代まで愛されつづけてきた日本の伝統芸能です。歌舞伎の作品や演じ方には長い歴史があります。舞台の道具、俳優の化粧や衣裳にもたくさんの決まりごとや特色がありますが、実はみな観客にわかりやすく伝え、楽しんでもらうための工夫に基づいています。
まずは歌舞伎がどのように成り立ち、今日まで歩んできたかを年表と資料で簡単に説明いたします。次に、歌舞伎の役柄を表す特徴的な化粧として知られる隈取を詳しくご紹介します。そして、6月と7月の国立劇場歌舞伎鑑賞教室公演の上演作品について、衣裳や小道具、舞台写真など様々な資料を通して深く知っていただきます。歌舞伎の舞台を模した体験コーナーも設けましたので、歌舞伎俳優となって出演した気分も味わってください。
展示を見たあと、すこしでも「歌舞伎にくわしくなった!」と感じていただけたらうれしく思います。

(「開催にあたって」より)

「かぶき入門」の詳細はこちらをご覧ください。