矢野久美子教授が『ハンナ・アーレント〈世界への愛〉の物語』を翻訳出版しました

『ハンナ・アーレント〈世界への愛〉の物語』
著者:エリザベス・ヤング=ブルーエル
翻訳者:矢野久美子、大島かおり、粂田文、橋爪大輝

出版社:みすず書房
発行日:2021年3月16日
翻訳者:矢野 久美子(国際交流学部国際交流学科教授)

1906年にドイツ、ハノーファーのユダヤ人家庭に生まれてから1975年にニューヨークの自宅で亡くなるまで。少女時代の体験からハイデガー、ヤスパースらと出会う大学時代、ナチス下のドイツから逃亡し、ユダヤ人救援活動をしながらブリュッヒャーやベンヤミンと邂逅し、収容所体験をするパリ時代、そしてアメリカに亡命、『全体主義の起原』を1951年に世に問い、その後『人間の条件』『過去と未来の間』『革命について』の執筆からアイヒマン論争、晩年まで。その生涯の詳細と作品分析と意味について、同時代人のインタビューや膨大な資料をもとにアーレントに直接教わった一番弟子が描く、今でも超えることのできない決定版伝記、第二版。

没後ますます評価の高まる政治哲学者がそのつどの時代に思考し判断し活動したすべてを、共に考えるために。その生き生きとした形姿と言葉を、共に感じるために。アーレント研究の現在をふまえた新たな翻訳で、ここにおくる。

(出版社より)