宋晗准教授が著書『平安朝文人論』を出版しました

『平安朝文人論』

出版社:東京大学出版会

発行日:2021年4月2日
著 者:宋 晗准教授(文学部日本語日本文学科)

平安朝では漢文による公文書の書記が文人たちの素養とされるなかで私的な内面を表現する文学的営為が展開した.本書は,文章経国思想のもと嵯峨朝から漢文学が解体する院政期を対象に、中国文学と日本文学の双方を大局的にとらえ、漢文脈によって形成される精神とその発露を捉えかえす。【第10回東京大学南原繁記念出版賞受賞作】

(出版社HPより)

宋晗准教授の東京大学南原繁記念出版賞受賞のお知らせはこちら