どうしてもフェリスに入学したかったので、
すべての入試にチャレンジしようと思いました。

一般推薦(公募制)入試で受験しました。小論文はひとつのテーマに時間をかけて完璧な小論文を仕上げる練習を。自己推薦書は、なぜこの大学に入らなければいけないかという視点で書きました。面接は、リラックスして自分の言いたいことをしっかり言えるように心がけました。

一般推薦(公募制)で音楽芸術学科に入学

私はどうしてもフェリスに入学したかったので、すべてのチャンスにチャレンジしようと思い、「一般推薦(公募制)入試」から受験しました。小論文は、最初はひとつのテーマに時間をかけて何度も添削をしてもらい、完璧な小論文を仕上げていきました。小論文は量ではなく質というところもあるので、納得のいくまでとことん推敲したほうがいいと思います。小論文関連の参考書など他の人が書いたものを読むのもとても参考になります。そして、たくさんの情報の中から自分の意見を作るのに役立つものを見つけ出し、形にしていきました。また、使える話題があるかもしれないと思い、日々のニュースを注意深く見るようにもしていました。自己推薦書もこだわって書きました。なぜ志望したのか、そのために今どんなことに取り組んでいるか、大学で学んだことを卒業してからどのような形で役立てるのか、という筋道で書き進めたので、説得力のある自己推薦書ができ上がったと思います。面接については一問一答ではなく、自分の発言に対する質問も想定した練習もしました。面接当日はリラックスして自分の言いたいことをしっかり言えるように心がけました。準備にも大変なところはありますが、自分の進路を見直す良いきっかけになると思います。悔いのないように、出来る全てのことに挑戦して頑張ってください。