Ferrisで学ぶ

平和構築:「あなたはスマホを通じて紛争問題とつながっている!」

国際交流学部 国際交流学科
古内 洋平准教授

あなたのスマホの原材料は?
スマホやケータイは、あなたの生活になくてはならないものだと思います。でも、スマホはどのような原材料でつくられているか。その原材料はどの国で採れるか。知っていますか?

たとえば、スマホの部品のひとつとなる金属に、コルタンというものがあります。コルタンは、主に、アフリカのコンゴ民主共和国で採れます。この国では、複数の武装グループが、コルタンなどの金属を奪い合っています。コルタンを手に入れた武装グループは、それを売って、たくさんの武器を買います。そして、どんどん力をつけます。貧しい国なので、軍や警察は弱く、武装グループを抑えることができません。周辺の国からも、この金属をねらって国境を越えて来る勢力があります。この国では、20年以上ものあいだ、紛争がつづいています。

あなたのスマホが紛争を引き起こす?

あなたのスマホが紛争を引き起こす?

紛争を解決するには?
この問題は、国連、先進国、NGOが取り上げるようになって、少しずつ知られるようになりました。また、アメリカでは、金属を取引する企業に対して、どの国で採れたものかを報告するよう求めています。

しかし、アメリカの対策だけでは解決しません。先進国が協力してルールを作る必要があります。また、金属の取引・販売にかかわる企業も、問題を深刻化させないよう配慮しなくてはなりません。さらに、私たち一人ひとりが紛争地域とのつながりを自覚することも大事なことでしょう。

水をめぐって紛争が起きる?

水をめぐって紛争が起きる?

身近なところから紛争を考えよう
現在、国どうしの戦争は起こりにくい状況になりましたが、世界が平和になったわけではありません。アフリカや中東では、たくさんの紛争が起きています。でも、遠すぎて、実感がないですよね。

そこで、私の授業では、あなたにとって身近な問題から紛争を考えます。今年、学生たちは、水と紛争、ファストファッションと紛争などをテーマに調査・発表しました。あなたも、身近な問題から、世界のさまざまな問題を考えてみましょう。

ファッションは紛争と関係あるの?

ファッションは紛争と関係あるの?