Ferrisで学ぶ

すでに始まっている地球温暖化

国際交流学部 国際交流学科
佐藤 輝教授

この100年のあいだに地球は平均で1℃ほど温暖化しました(下図)。私たちは地球温暖化の入り口にさしかかったと言えるでしょう。そして、これから温暖化がさらに激しくなるなかで、私たちは生活していくのです。すでに、世界各国で異常気象が起こったり、南の島が沈みかけたり、万年雪が溶けて洪水が頻発するなど、温暖化の影響と考えられる現象が報告されています。

では、地球温暖化によって何が起こるでしょうか?代表的な影響として、以下の深刻な脅威が予測されています。これらは国際社会に大きな不安と不公平をもたらします。

●洪水と干ばつの増加
●異常気象の多発
●海水面の上昇による居住域への被害
●食糧生産の不安定化
●マラリアなど熱帯病の拡大

img06_01

地球温暖化の主な原因は、石油や石炭の燃焼による二酸化炭素の排出です。現在の排出量を60%以上も削減しなければ、温暖化は根本的に解決しないことが科学的に明らかとなっています。私たちが今の生活のなかで省エネをいくらがんばっても約10%削減が限界でしょう。では、どうすればよいのでしょうか?

私たちにできること

私たちは温暖化の被害者であるとともに、加害者です。この問題をみずから解決しなくてはなりません。温暖化の根本的な解決のためには、私たちが使う石油や石炭からの電気(火力発電など)を削減して、「再生可能エネルギー」由来の電気に置き換えていくことがきわめて重要です。再生可能エネルギーとは、風力、太陽光、地熱、水力など、自然のちからを活用したエネルギーです。発電するときには二酸化炭素をほとんど排出しません。温暖化の原因をつくってきた先進国には、率先して「再生可能エネルギー」を普及させることが求められています。

フェリス女学院大学では風力発電、太陽光発電、太陽熱温水器などを設置して(大学エコキャンパス紹介)、電気の一部やシャワー温水として使用しています。また、学生たちが中心になって再生可能エネルギーの普及啓発活動をおこない、文系の大学生として先進的な社会貢献を果たしています(参照:エコキャンパス研究会)。これらの取組が高く評価され、フェリス女学院大学は神奈川県知事と横浜市長から表彰されました。文部科学省の「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」にも選定されています。

風力発電

風力発電

太陽光発電

太陽光発電

太陽熱温水器

太陽熱温水器

モニターで 環境教育

モニターで
環境教育

再生可能エネルギー設備による発電量、あるいは省エネルギー設備による省エネ効果などを測定して、その有効性を明らかにしていきます。また、温暖化対策を社会に広めるためにはどのような環境政策や活動が必要なのか、学生とともに総合的に研究しています。これらの研究結果は、シンポジウムで発表したり、学内のモニターで公開したりして、環境問題に対して正しい知識をもった人材の育成に役立てています。

オープンカレッジ「夏休み親子講座」では、毎年、地域の親子をお招きして、太陽エネルギーをつかって料理を楽しんだり(下、左の写真)、ペットボトルで風力発電装置を作ったりしています(下、中央の写真)。また、自転車発電によってテレビをつけて(下、右の写真)、電気を得ることがいかに大変かを学びました。

img06_07

img06_06

img06_08

フェリス女学院大学では、自然からのエネルギーに感謝しながら、毎日のキャンパス・ライフのなかで身近に温暖化対策にふれることができるのです。環境に関する授業も豊富です。みなさんも、地球環境問題について幅広く考え、私たちと一緒に行動してみませんか。


■参考文献■
本間慎編著 『新版データガイド地球環境』 (青木書店)
気候ネットワーク編 『よくわかる地球温暖化問題』 (中央法規)
自然エネルギー推進市民フォーラム編 『だれでもできるベランダ太陽光発電』(合同出版)
牛山泉著 『やさしい風・風車・風力発電の話』 (合同出版)
水谷洋一編著 『2010年地球温暖化防止シナリオ』 (実教出版)
日本科学者会議公害環境問題研究会・『環境展望』編集委員会編『環境展望』

~TEA BREAK~
おかずは食べ放題!

韓国のお店で「テンジャンチゲ(みそ鍋)」を注文すると、ご飯とテンジャンチゲ以外にも、キムチ、数種類のナムル、塩辛、焼き魚などのおかずが出てくる。思わず「こんなに頼んでいませんけど」と言ってしまいそうな量である。どんな店で食事をしても、基本的なおかずとして3~5皿程度がテーブルの上に並ぶ。食べていると、「もう少しいかがですか」とお代わりを持ってきてくれる。韓国ではおかずはいくらでも無料でお代わりができるし、残しても構わない。

日本と違って韓国では、出されたものをすべて食べ尽くすのはマナー違反になるのだ。韓国で人をもてなす食事は、料理の種類とその量が一番大切で、すべて食べ尽くすというのは、料理の種類と量が少なかったことを意味してしまう。

自分の作った料理をおいしくたくさん食べてくれることを、心から喜んでくれる韓国のアジュマ(おばさん)との触れ合い。日本ではお目にかかれない無料サービス!さぁ、皆さん人情の厚い韓国に行って、満喫してみてはいかが?