Ferrisから世界へ

出会ったすべての人に感謝

国際交流学部 国際交流学科 2013年度入学
廣瀬 史帆

私は、大学入学当初から英語以外の語学、ドイツ語に挑戦してみたいと考えており、留学することは大きな夢でした。ドイツで過ごした日々は、辛いこともありましたが、その何倍も何十倍も楽しいことがありました。自分の知らない考え方があることに気付き、新しい視点で物事を見ることができるようになり、知らない世界に一人で飛び込む度胸もつきました。ドイツで予期せぬハプニングに直面し何度も苦境に立たされましたが、自分は今何をすべきか考え、冷静に対処できるようになりました。留学生活を経て、自分次第で状況を変えられることを学びました。

sp20160330b

サマーコースのドイツ語クラスの集合写真

留学に行く前はどちらかといえば人見知りするタイプでしたが、自分が心を開けば相手も受け入れてくれ、困ったときにはだれかが必ず助けてくれました。そして日本にいる両親や友人たちがいかに自分のことを気にかけてくれているか、改めて気づかされました。たくさんの素敵な人と出会い、一緒に勉強したり、遊んだり、本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。出会ったすべての人に感謝しています。