音楽学部

音楽を通して感性をみがき、
表現力の豊かな輝ける女性を育成します

音楽を追究し、音楽を軸に幅広く活躍できる人材を養成

音楽学部では、「音楽」を共通のテーマに、学生と教員のパートナーシップを大切にした、あたたかな雰囲気のもと、学生どうしがお互いを高め合い、一人ひとりの才能や能力を最高のかたちで引き出せる学習環境を用意しています。音楽全般に関する幅広い知識や、高度な専門技術を身につけるのはもちろん、総合大学であるという利点を生かして、充実した語学科目やさまざまな教養科目が学べるカリキュラムを展開しているのも魅力となっています。

音楽学部

学科構成

キャンパス

1・2年次 → 緑園キャンパス
3・4年次 → 山手キャンパス

学部長メッセージ

音楽学部生は音楽芸術学科または演奏学科で学ぶことになります。音楽芸術学科は現代的ニーズに即した多様な学びを通じて「音楽で人と社会と結ぶ」こと、演奏学科は技術習得の過程で技と心を磨き「演奏を通して社会に羽ばたく」ことを目指します。ともに総合大学である本学の特色を生かし、語学や他学部の科目の学びが加わることで、教養としての音楽を身に付けた心豊かな女性を育成することを目的としています。卒業生たちは創造的な感性や地道な訓練に耐えうる忍耐力をもち、社会の各方面で活躍しています。就職支援も本学の誇れるところです。さらに演奏学科は大学院への進学率が学内一を誇っています。好きな音楽を学び、音楽の枠を超えて、自分の可能性を追求してみませんか。

立神粧子
音楽学部長
立神粧子

人材養成目的

音楽の領域に関する高度の教育研究を行い、専門的な知識・能力・技術を身に付けた人材、また音楽界を文化的、社会的な側面から多様に支える人材を養成する。

学びの特色

豊かな教養が身につく自由度の高いカリキュラム

必修科目が少なく、自分の希望に合った授業科目を学べるのが音楽学部の特徴です。幅広い「教養」は音楽の創造に欠かせません。音楽学部では総合大学としてのメリットを生かした10種類の言語から選ぶ語学科目や、さまざまな学問領域の基礎が学べる基礎教養科目・総合課題科目が用意されています。また、他学科の専門科目の多くを履修できるため、専攻分野に偏ることなく音楽の世界を幅広く学べます。

一流の演奏に触れ、音楽界で活躍する演奏家と共演できる機会を

学生の音楽的興味を刺激するような、国内外の優れた演奏家による「フェリスコンサート」や第一線で活躍する講師を招いての「特別公開講座」、そして学生参加型の「ワークショップ」などを毎年多数企画しています。「合唱」の授業などと連動して行われる「キリスト教音楽演奏会」もフェリスならではの音楽活動で、地元に根強いファン層を獲得しています。さらに演奏学科では、外部のオーケストラやプロの演奏家と共演できる機会も用意しています。毎年行われる「室内楽の夕べ」「オーケストラ協演の夕べ」には多くの学生が出演し、満員の聴衆とホールという空間で一体となり、演奏のすばらしさを実体験できます。

キリスト教音楽について知り、学び、体験できます

西洋音楽の背景として欠かせないキリスト教に触れることにより、西洋音楽の核となるものを感じ、吸収してもらうことを大切にしています。そのために、多くのキリスト教関係科目を開講しています。キリスト教音楽の歴史や思想・文化、1年間の授業を通じてのキリスト教音楽演奏会の実施(「合唱」の授業を通じてのヘンデル「メサイア」演奏会等)、パイプオルガンの演奏体験、礼拝を想定した音楽演奏などを通じて、本学の建学の精神に音楽の方面からアプローチします。

4年間の履修の流れ

4年間の履修の流れ

音楽学部教員の研究や授業内容はここをチェック!

- For Othersの実践 -