コミュニケーション学科

3つの領域と理論・実践を柱に
自ら情報発信できる人材を育成します

国際化、情報化が進む今日、相手を理解し、ことばを発し、身体を介し、メディアを使って自己表現する「コミュニケーション」の重要性はますます高くなっています。心理学、社会学、言語学、マスコミ学、教育学、ジェンダー学、スポーツ学、文化論など多様な分野からなる「多文化理解」「共生コミュニケーション」「表現とメディア」の3領域を柱に、それぞれ理論科目として「知と出会う」、実践科目として「フィールドへ出る」を構造化。さらに、「研究方法」の習得を重視し、心理実験、質問紙調査、エスノメソドロジー、統計処理、面接調査、談話分析、情報検索などの科学的研究手法を学び、“調べもの”についての力をつけます。

  • 多言語・多民族化、少子・高齢化するこれからの日本で、多文化社会を理解します
  • 多様な人と共生していくことを目的にコミュニケーションの在り方を探ります
  • 複雑化する情報社会に対応できるメディアリテラシーと表現力を身につけます

人材養成目的

多文化理解、共生コミュニケーション、表現とメディアの領域における科学的アプローチによる学びを通して、科学的論理に基づく理解と実践力をもち、多文化共生社会の構築に貢献する有為な人材を育成する。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

多文化理解、共生コミュニケーション、表現とメディアの領域において、調査・統計、論理的理解、実践的表現の技法を習得し、それらの方法を用いて客観的な視点から社会に貢献できる能力をもつ者に「学士(文学)」の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

実証的研究方法の習得に重点を置いた導入・基礎的科目群に始まり、理論的専門科目群「知と出会う」と実践的専門科目群「フィールドへ出る」を配し、現代社会を論理的かつ科学的に理解する能力を養う。

アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

本学科の教育理念を理解し、入学を志願する者が、個性と得意分野を活かして受験できるよう多様な入試制度を設けて選抜を行い、コミュニケーション学が目指す多様化する社会と人間のあり方に対する関心とその領域を学ぶ基礎能力をもつ者を受け入れる。