英語英米文学科

使いこなせる語学力の強化をベースに、
英語圏の文学・文化・社会を学びます。

英語英米文学科では、世界に通用する英語力の習得と、英米文学や英語学、そして英語圏の社会・文化について学びます。英語インテンシブ・コースでは、英語で自分の考えを明確に表現できる実力を身につけることもできます。また、1学期間にわたってニュージーランドの大学に派遣される制度「セメスター・アブロード」を設け、広く国際感覚を養う環境も整っています。一方、アメリカ、イギリスをはじめ、英語圏諸国の文化や伝統、価値観、人々の生活などを多角的に学ぶ科目も豊富です。英語という言語を学ぶだけでなく、さまざまな角度から現代の国際社会の現状を見据えることで、広い視野と国際感覚を身につけます。

  • 英語の学習を徹底し高度な英語力を養います
  • グローバルな視野から多様な価値観の理解をめざします
  • 学科独自の留学制度「セメスター・アブロード」を利用できます

人材養成目的

英米および英語圏の言語・文学・文化などを多角的な視点で学び、それらの知的遺産を引き継ぎ、また海外での学びを通して語学力を身に付け、さらに情報を収集、整理、分析できる実務能力を備えた、国際社会に貢献する有為な人材を養成する。

三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与の方針)

学科の教育課程で定める授業科目を履修し、基準となる単位数を取得し、英語英米文学科の人材養成目的を踏まえた以下の知識・能力を身に付けた者に「学士(文学)」の学位を授与する。

1.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想に関する専門的知識を主体的な学習・研究を通じて修得している。また上記領域を中心とする幅広い人文・社会系の教養が身に付いている。
2.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏における研究・就業および長期の生活に必要な英語運用能力が身に付いている。また、日本の社会において主導的・指導的な役割をはたすのに必要な日本語運用能力が身に付いている。
3.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想の専門的理解に基づく多角的な視点および幅広い視野・思考をもって、国際社会・地域社会に生ずる様々な課題を発見し、その解決に貢献することができる。
4.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想に関する諸問題について自らの視点で考え、それを他者に伝える能力(言語運用能力を含む)、および他者と共同でおこなう作業・活動に必要な人間性・社会性が身に付いている。
5.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏のものを中心に、多様な文化・価値観に対する専門的な理解が身に付いている。また、国際社会・地域社会において他者と協働・共生する能力が身に付いている。
6.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想に関する学習・研究経験をもとに、新たな人文・社会系の価値を見出すことができる。

 



カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

英語英米文学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた知識・技能などを修得させるために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

1.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想に関する高度な知識の修得のため「英語圏の文化と社会」、「英語圏の文学と芸術」、「英語学」の各科目群を設け、系統的な学修ができるよう講義・演習科目を配置する。これらは、(a)少人数クラスによる演習科目、(b)各専門領域の基礎知識を修得するための科目、(c)各領域の専門科目、(d)分野を横断する複合領域的な科目、から構成されており、カリキュラムマップが示すようにこれらを段階的に履修することにより、英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想に関する幅広い知識を得ながら、徐々に専門性を深めていくことができる。その他、幅広い教養を身に付けるために全学共通の教養教育を選択必修として課し、また自由選択科目として他学部・他学科科目を広く履修することもできる。
2.全学共通の英語および初習外国語(フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語・朝鮮語)科目20単位以上の必修により、専門分野の学修および英語圏における研究・就業・生活に必要な英語運用能力を身に付ける。外国語履修は2コース(英語インテンシブ、2か国語履修)から選択できる。外国語科目に加えて専門科目にも配置された英語運用能力を発展させるための科目の履修を通じて、また海外語学研修科目・プログラムにより、英語圏における情報収集・発信能力を養う。
3.1年から4年まですべての年次において少人数による演習科目(ゼミ)を設置することにより、イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想に関する調査・研究に必要な知識および課題発見・解決能力を養う。その成果を示すものとして卒業論文を必修とする。
4.少人数クラスの講義・演習科目(英語によるものも含む)を設置し、イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想を扱いながら、研究・就業・生活など社会の様々な場面で求められる言語(英語)コミュニケーション能力を養う。
5.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想に関する学習・研究を通じて、多様な文化・価値観をもつ他者に対する専門的な理解を養う。また英語圏における就学や英語のみでおこなわれる授業内の諸活動など、英語による学習および情報収集発信の経験を通じて、国際社会・地域社会において他者と積極的に関わり、協働・共生する能力を養う。
6.イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の言語・文学・文化・歴史・社会・思想に関する主体的かつ多角的な学習・研究を実現すべく多種多様な講義・演習科目を設置し、現代・過去の社会を批判的に比較検証する力、および新たな人文・社会系の価値を見出す力を養う。

各授業のシラバスには、受講生に求める課題や学習内容を記載するとともに、評価方法・評価基準についても明記している。また、成績評価については、厳正な評価を行うことを目的としてガイドラインを設けている。
なお、本学では、全学部を対象とした学修行動調査や授業アンケートなどを実施することにより、本学の教育の現状を定量的・定性的に把握し、学修の成果を測定する。

 



アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

本学科の学びの内容を理解し、次のような目的意識や意欲をもった学生を求める。

1.英語圏の文化・社会・言語について専門的に学ぶために必要な、基礎的な英語運用能力をもった学生
2.英語圏の文化・社会・言語について書かれた文章等について考察し、自分の言葉で意見を述べることのできる学生
3.総合的な英語の授業に積極的に関わるだけでなく、海外留学等を通して、自ら英語力をみがくことをめざす学生

 



入学者選抜においては、受験生が身に付けた力を幅広く評価することを目的として、次のような様々な入学試験を行っている。

1.「一般入試」では、本学独自の入学試験によって、高等学校等で身に付けた英語をはじめとする基礎的な学力を評価する。 
2.「センター利用入試」では、大学入試センター試験の成績で合否判定を行い、より幅広い科目設定の上で、基礎的な学力を評価する。
3.自己推薦型の入学試験「秋期特別入試」では、基礎力調査および面接を試験内容とし、高等学校等での日々の学習の成果が備わっているかどうかを重視して評価する。
4. 「指定校推薦入試」は、推薦指定校としている各高等学校等に大学から推薦の条件を示し、書類および面接からこれまで高等学校等で身に付けた学力および英語英米文学科で学ぶ強い意欲があるかどうかを確認する。
5.上記のほか、「帰国生徒入試」、「社会人入試」、「留学生入試」、「編入学試験」では、小論文や学科試験で評価する基礎的な学力や思考力・表現力のみならず、面接試験を通して、受験生のこれまでの様々な体験も含めて総合的に判定を行う。