日本語日本文学科

日本語・日本文学の研究を通して、
日本文化の理解を深め、
分析能力やプレゼンテーション・創作などの
自己表現能力を養成します

日本のことばと文学を、文学的、言語学的、教育的側面から多角的に学び、豊かな感性と優れた知性を培っていきます。

  • 古典から現代の作品まで、その時代の社会や文化、宗教観や思想などをも理解しつつ、それぞれの作品世界を読み深める文学研究。その射程は広く、絵巻、演劇、映画、アニメ・マンガなどのサブカルチャーを読み解く専門科目も設置されています
  • 文学研究は「読み」だけでなく、小説・現代詩の創作や、報道文執筆や編集、アナウンス技能などアウトプットに力を入れて学ぶこともできます
  • 言葉そのものの変化や運用の仕組みを追究する日本語学は、メールの言葉やファッション雑誌用語、新しい方言などもターゲットにしています
  • 日本の言語文化を外国人に的確に教えるための日本語教育も充実。地域に密着した「実習」ができるのも横浜ならではです。
    4年間総合的に学べば、卒業後はさまざまな場面で“日本語のプロ”として社会貢献できるでしょう。
  • 古典から現代文学まで幅広いジャンルを学びます
  • 自ら表現し、創造するカを鍛えます
  • 科学としての「日本語の見方」を追究します

人材養成目的

日本語・日本文学・日本文化に関する学びを通して、調査・研究・創作に関する能力を身に付け、ことばと表現に関する豊かな感性と知性を育み、歴史性・社会性を伴う幅広い視点をもち、社会に貢献する有為な人材を養成する。

三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与の方針)

学科の教育課程で定める授業科目を履修し、基準となる単位数を取得し、日本語日本文学科の人材養成目的を踏まえた以下の知識・能力を身に付けた者に「学士(文学)」の学位を授与する。

1. 日本語・日本文学・日本文化の領域に関する専門的知識、すなわち各分野の資料論と  法論を十分に修得し、それに基づいて実践的に研究する力がある。また日本語日本文学を中心とする人文系の分野について幅広い教養がある。
2. 外国語については、日本文化を伝え外国文化を理解するに充分な程度の運用能力を身に付け、日本語については、古典から近現代のあらゆる文献の読解能力をもち、単語選択の文体的差異を理解し、適切な日本語文章作成能力が身に付いている。
3. 日本語日本文学分野において自ら発見した問題点に関し、先行する研究を網羅的に把握し、主要なものについては学術的に論理的に批判し、よりよい調査結果・解釈を記述し研究発表会や卒業論文という形で公に問うことができる。
4. 他者に意図が理解されるような分かりやすい資料作りと、口頭発表およびその質疑応答が充分にできる。すなわち文書においても口頭においても洗練された日本語で自己表現できるコミュニケーション能力が身に付いている。
5. 日本語日本文学研究において、一つの対象・方法に固執せず、様々な研究方法・着眼点から人間社会の現象の多様性を観察し、理解して、個々の立場の尊重と所属社会内でのバランスを考えることができる。
6. 日本語・日本文学の領域に関するオーソドックスな学問体系を理解した上で、新しい研究の動向を学び、対象を最新の文学、言語、文化理論によって再解釈し、文化事象の新たな捉え方の可能性を示すことができる。

 



カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

日本語日本文学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた知識・技能などを修得させるために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

1. 科目体制は日本語学・日本文学を柱として体系的に構成されている。日本語学は、日本語学と日本語教育学に、日本文学は上代文学・中古文学・中世文学・近世文学・近現代文学に専門・細分化される。その授業科目は、(a)少人数の演習形式の科目、(b)専門を学んでいくための基礎力を養成する科目、(c)各専門分野の学問体系に沿った科目、(d)分野を横断した学習や実習によって視野を広げる科目、から構成されており、これらを、カリキュラムマップが示すように段階的に履修することにより、日本語日本文学に関する幅広い知識を得ながら、徐々に専門性を深めていくことができる。特に(b)として1,2年次に必修単位を設け、(c)に各分野の研究法を据えることで主体的・実践的な研究力を養成する。その他、幅広い教養を身に付けるために全学共通の教養教育を選択必修として課し、また自由選択科目として他学部・他学科科目を広く履修することもできる。
2. 日本の言語文化を多角的に捉えて世界に発信し、また日本語教育の現場で貢献できるよう、基本的な外国語運用能力を身に付けさせる。英語、中国語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、朝鮮語のいずれかの言語を中心に履修するスタンダード・コースとインテンシブ・コースがあり、英語と初習外国語を均等に学ぶ2か国語履修コースも選択できる。また日本語表現能力向上のため、専門科目で1年次後期に論文作成方法の実践的授業を開講し、クラス指定で履修させる。
3. 1年から4年のすべての学期にゼミを配置し、日本語日本文学分野特有の調査・研究を進めるための実践的な基礎力を修得させる。専門分野の知識、理解を基にした課題発見と調査報告を繰り返すことにより、一般的・客観的な議論の能力を身に付ける。
4. 毎学期のゼミは少人数クラスの演習形式で、口頭発表と質疑応答に充分な時間をかける。他者に理解されるような資料作りと口頭説明を心掛け、自己表現を洗練していくことでコミュニケーション能力が磨かれるようにしている。
5. 様々な時代とジャンルからなる日本語・日本文学の研究対象と研究のスタンスとが、個別に排他的に存在するのではなく、周辺領域たる別分野との有機的連関を意識してこそ成果が上がることを科目体制やゼミ履修方法などから認識させる。
6. 日本語・日本文学の領域に関するオーソドックスな学問体系を理解した上で、ジャンル・分野ごとの各論履修に進み、専門の教員から新しい研究の動向を学ぶ。低学年から古典などの資料性について段階的に修得させ、先入観なく一次資料に臨めるよう養成する。

各授業のシラバスには、受講生に求める課題や学習内容を記載するとともに、評価方法・評価基準についても明記している。また、成績評価については、厳正な評価を行うことを目的としてガイドラインを設けている。
なお、本学では、全学部を対象とした学修行動調査や授業アンケートなどを実施することにより、本学の教育の現状を定量的・定性的に把握し、学修の成果を測定する。

 



アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

本学科の学びの内容を理解し、次のような目的意識や意欲をもった学生を求める。

1. 日本の文化・社会・言語を専門的に学ぶために必要な、古典を含む日本語・日本文学についての基礎的な知識をもった学生
2. 日本の文化・社会・言語に関心があり、探究する意欲がある学生
3. 日本の文化・社会・言語に関して自分の意見をまとめ、発信することができる学生

 



入学者選抜においては、受験生が身に付けた力を幅広く評価することを目的として、次のような様々な入学試験を行っている。

1.「一般入試」では、本学独自の入学試験によって、高等学校等で身に付けた国語をはじめとする基礎的な学力を評価する。
2.「センター利用入試」では、大学入試センター試験の成績で合否判定を行い、より幅広い科目設定の上で、基礎的な学力を評価する。
3. 自己推薦型の入学試験「秋期特別入試」では、基礎力調査および面接を試験内容とし、高等学校等での日々の学習の成果が備わっているかどうかを重視して評価する。 
4. 「指定校推薦入試」は、推薦指定校としている各高等学校等に大学から推薦の条件を示し、書類および面接からこれまで高等学校等で身に付けた学力および日本語日本文学科で学ぶ強い意欲があるかどうかを確認する。
5. 上記のほか、「帰国生徒入試」、「社会人入試」、「留学生入試」、「編入学試験」では、小論文や学科試験で評価する基礎的な学力や思考力・表現力のみならず、面接試験を通して、受験生のこれまでの様々な体験も含めて総合的に判定を行う。