日本語日本文学科

日本語・日本文学の研究を通して、
日本文化の理解を深め、
分析能力やプレゼンテーション・創作などの
自己表現能力を養成します

日本のことばと文学を、文学的、言語学的、教育的側面から多角的に学び、豊かな感性と優れた知性を培っていきます。

  • 古典から現代の作品まで、その時代の社会や文化、宗教観や思想などをも理解しつつ、それぞれの作品世界を読み深める文学研究。その射程は広く、絵巻、演劇、映画、アニメ・マンガなどのサブカルチャーを読み解く専門科目も設置されています
  • 文学研究は「読み」だけでなく、小説・現代詩の創作や、報道文執筆や編集、アナウンス技能などアウトプットに力を入れて学ぶこともできます
  • 言葉そのものの変化や運用の仕組みを追究する日本語学は、メールの言葉やファッション雑誌用語、新しい方言などもターゲットにしています
  • 日本の言語文化を外国人に的確に教えるための日本語教育も充実。地域に密着した「実習」ができるのも横浜ならではです。
    4年間総合的に学べば、卒業後はさまざまな場面で“日本語のプロ”として社会貢献できるでしょう。
  • 古典から現代文学まで幅広いジャンルを学びます
  • 自ら表現し、創造するカを鍛えます
  • 科学としての「日本語の見方」を追究します

人材養成目的

日本語、日本文学、日本文化に関する学びを通して、調査・研究・創作に関する能力を身に付け、ことばと表現に関する豊かな感性と知性を育み、歴史性・社会性を伴う幅広い視点をもち、社会に貢献する有為な人材を育成する。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

日本語、日本文学、日本文化に関する基本的な知識と能力を身に付けて、ことばと表現に関する豊かな感性と知性をもち、幅広い視点で社会に貢献できる能力をもつ者に「学士(文学)」の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

入門・基礎から高度な専門性をもつものまで各年次にわたる演習(ゼミ)、学科専門科目の基礎となる基幹科目群、文化と歴史にも関わる豊富な専門講義科目群から成るカリキュラム構成を通して、日本の言語、文学、文化に対する深い知識と社会での応用力を養う。

アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

本学科の教育理念を理解し、入学を志願する者が、個性と得意分野を活かして受験できるよう多様な入試制度を設けて選抜を行い、日本語、日本文学、日本文化に対する関心とその領域を学ぶ基礎能力をもつ者を受け入れる。