音楽芸術学科

リベラルアーツ型の教育で、
幅広い音楽フィールドで活躍する人材を育成します

音楽芸術学科は、これまでの「音楽大学」にはないリベラルアーツ型音楽教育を提供する新しいコンセプトをもつ学科です。
クラッシック音楽の基礎は学びつつ、コンピュータ音楽、ジャズ、ポップス、映像音楽とジャンルを超えた音楽教育を展開する―このような教育プログラムは、あなたの描く「大学で音楽を学ぶ」というイメージを一新することでしょう。
音楽芸術学科では「音楽で人と社会を結ぶ」をテーマに、音楽にかかわるさまざまな社会シーンで活躍できる人材の育成をめざします。 メディア・アーティストや音楽ジャーナリスト、編曲家、映像音楽制作者、音楽デザイナーなど、新時代の音楽文化クリエーター、あるいは音楽指導者や地域の音楽活動のリーダーといった音楽コミュニケーション・リーダーをめざす人を力強くサポートします。受験科目に演奏実技や楽典を課していないのも大きな特徴で、音大受験用の特別な準備は不要です。音楽に興味があり、将来何らかのかたちで音楽とかかわりを持っていきたい方たちを歓迎します。

  • 時代やジャンルを超えた多彩な音楽を学びます
  • アウトリーチ活動(学内外での発表活動)を通して実践的に学びます
  • 音大受験の特別な準備をしていない人にも開かれた学科です

人材養成目的

音楽創造、音楽表現、音楽文化の領域における総合的な理解とともに、音楽で人と社会を結ぶための知識やスキルの修得を主眼とし、音楽のジャンルを越えた多彩な学びの中で、音楽と社会の接点を見すえ、幅広く社会で活躍する人材を育成する。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

音楽文化の創造や情報の発信、地域社会での音楽活動などに必要な幅広い知識やスキルを身に付け、音楽で人と社会を結び、社会に貢献できる能力をもつ者に「学士(音楽)」の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

音楽創造、音楽表現、音楽文化の基礎から実践まで、幅広い教育を展開し、共通科目を含めた多様な授業科目の中から、音楽と社会の接点を見出して、自分の能力を開発できる力を養う。

アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

本学科の教育理念を理解し、入学を志願する者が、個性と得意分野を活かして受験できるよう多様な入試制度を設けて選抜を行い、総合的教養の学習に必要な基礎的学力、音楽全般に対する強い興味、さらに音楽と社会のつながりに高い関心をもつ者を受け入れる。