音楽芸術学科

リベラルアーツ型の教育で、
幅広い音楽フィールドで活躍する人材を育成します

音楽芸術学科は、これまでの「音楽大学」にはないリベラルアーツ型音楽教育を提供する新しいコンセプトをもつ学科です。
クラッシック音楽の基礎は学びつつ、コンピュータ音楽、ジャズ、ポップス、映像音楽とジャンルを超えた音楽教育を展開する―このような教育プログラムは、あなたの描く「大学で音楽を学ぶ」というイメージを一新することでしょう。
音楽芸術学科では「音楽で人と社会を結ぶ」をテーマに、音楽にかかわるさまざまな社会シーンで活躍できる人材の育成をめざします。 メディア・アーティストや音楽ジャーナリスト、編曲家、映像音楽制作者、音楽デザイナーなど、新時代の音楽文化クリエーター、あるいは音楽指導者や地域の音楽活動のリーダーといった音楽コミュニケーション・リーダーをめざす人を力強くサポートします。受験科目に演奏実技や楽典を課していないのも大きな特徴で、音大受験用の特別な準備は不要です。音楽に興味があり、将来何らかのかたちで音楽とかかわりを持っていきたい方たちを歓迎します。

  • 時代やジャンルを超えた多彩な音楽を学びます
  • アウトリーチ活動(学内外での発表活動)を通して実践的に学びます
  • 音大受験の特別な準備をしていない人にも開かれた学科です

人材養成目的

音楽創造・音楽表現・音楽文化の領域における総合的な理解とともに、音楽で人と社会を結ぶための知識やスキルの修得を主眼とし、音楽のジャンルを越えた多彩な学びの中で、幅広く社会で活躍する人材を養成する。

三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与の方針)

学科の教育課程で定める授業科目を履修し、基準となる単位数を取得し、音楽芸術学科の人材養成目的を踏まえた以下の知識・能力・技能を身に付けた者に「学士(音楽)」の学位を授与する。

1. 幅広い教養と音楽創造、音楽表現、音楽理論、音楽の歴史、音楽文化に関する専門知識が身に付いている。
2. 国際化の時代に必要となる英語およびその他の諸言語の運用能力が身に付いている。
3. 歴史、社会、文化、宗教、表現、教育といった多様な側面から音楽を理解し、現代社会において音楽に求められるニーズを発見・分析する能力が身に付いている。
4. 社会との懸け橋として音楽をとらえ、それを実践するために必要な行動力やコミュニケーション能力が身に付いている。
5. 地域社会の中での演奏活動、作品発表、演奏会の企画・制作・運営といった実践活動を通して、他者と協働・共生する能力が身に付いている。
6. 多様な音楽シーンで必要となる知識やスキルおよびコミュニケーション力により音楽と社会を結びつけ、新しい価値を見出す能力が身に付いている。

 



カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

音楽芸術学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた知識・能力・技能を修得させるために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

1. 全学共通の教養教育における多彩な科目を通して、幅広い教養を身に付ける。また専門教育については、1年次にアカデミック・スキルを身に付ける「基礎演習」、2年次に「応用演習」を履修し、3~4年次には「専門ゼミ」に所属することにより専門性を追及する。さらに、これらに並行して音楽の基礎知識に関する科目、実技の基礎スキルを身に付ける科目を1、2年次で修得できるよう編成する。加えて2年次から4年次にかけては専門分野を幅広く学ぶために「ミュージシャンシップを高める」、「音楽の背景を探る」、「社会実践コミュニケーション」の科目群を置く。また併せて音楽指導者に求められる実技スキルを身に付けるための科目を3、4年次対象に開講する。また、自由選択科目として他学部・他学科科目を広く履修することもできる。
2. 幅広いジャンルの音楽に対する理解を深め、国内にとどまらない制作および企画運営への参加を実現するため、全学共通の英語および初習外国語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、朝鮮語)科目により、基本的な言語運用能力を身に付けさせる。その際、学生は3つの語学コース(スタンダード・コース、英語インテンシブ・コース、初習外国語インテンシブ・コース)から選択することができる。
3. 少人数演習形式によるアカデミック・スキルを身に付ける「基礎演習」(1年次)、「応用演習」(2年次)、専門を高める3、4年次「専門ゼミ」を必修として課し、専門知識・スキルによる課題発見・解決力の向上を図る。
4. 音楽表現で必須となる共演、集団表現、集団制作に関連する科目を編成し実社会とつながる機会を設け、コミュニケーション能力の向上を図る。
5. 異なる文化的、社会的価値観をもつ他者を理解し、ともに創造・制作活動を行うことにより、他者との協働・共生能力の向上を図る。このためにワークショップ科目や学外で作品発表、演奏といったアウトリーチ活動を行う科目(「海外音楽研修」、「学外公開発表」)を置く。
6. 音楽を中心とした様々な表現(演奏、演劇、映像など)を教室内外・学内外で実践することにより、外部とのインタラクティブな応答を経験し、新たな価値を発見・創造することができるような授業科目を開講する。

各授業のシラバスには、受講生に求める課題や学習内容を記載するとともに、評価方法・評価基準についても明記している。また、成績評価については、厳正な評価を行うことを目的としてガイドラインを設けている。
なお、本学では、全学部を対象とした学修行動調査や授業アンケートなどを実施することにより、本学の教育の現状を定量的・定性的に把握し、学修の成果を測定する。

 



アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

本学科の学びの内容を理解し、次のような目的意識や意欲をもった学生を求める。

1. 社会に広く関わる視点から音楽を学ぶために必要とされる基礎的な知識と基本的な能力をもった学生
2. 社会との関わりを考慮しながら、音楽が果たす文化的・社会的・歴史的役割について分析し、考えることができる学生
3. クラシックに限らず、幅広いジャンルの音楽に興味をもち、積極的に社会と関わりながら活動する意欲が強い学生

 



入学者選抜においては、受験生が身に付けた力を幅広く評価することを目的として、次のような様々な入学試験を行っている。

1. 「一般入試」では、本学独自の入学試験によって、高等学校等までに身に付けた教科書レベルの基礎的な学力を評価する。
2. 「センター利用入試」では、大学入試センター試験の成績で合否判定を行い、より幅広い科目設定の上で、基礎的な学力を評価する。
3. 自己推薦型の入学試験「一般推薦(公募制)入試」では、基礎的な学力や思考力・表現力をみる小論文、自己推薦書での自己アピールを重視する面接試験の両面から、大学入学までに身に付けるべき能力が備わっているかどうかを評価する。
4. 「指定校推薦入試」は、推薦指定校としている各高等学校等に大学から推薦の条件を示し、書類および面接からこれまで高等学校等で身に付けた学力および音楽芸術学科で学ぶ強い意欲があるかどうかを確認する。
5. 上記のほか、「帰国生徒入試」、「社会人入試」、「留学生入試」、「編入学試験」では、小論文や学科試験で評価する基礎的な学力や思考力・表現力のみならず、面接・口述試験を通して、受験生のこれまでの様々な体験も含めて総合的に判定を行う。