音楽芸術学科

カリキュラム

専門科目カリキュラム

音楽芸術学科では、「音楽で人と社会を結ぶ」をテーマに、リベラルアーツ型の音楽教育カリキュラムが展開されています。1)新時代の音楽文化クリエーター、2)“For Others”を社会で実践する音楽コミュニケーション・リーダー、3)新しいタイプの音楽教育者など、各自の目標を設定し、それにあったカリキュラムを組み立てます。

カリキュラムは7つの群から構成されます。第1群では、音楽を学ぶ上で不可欠な基礎理論・基礎実技を学びます。第2群では、本学の建学の精神であるキリスト教についての理解を、音楽を通じて深めます。第3群では、第1群で養った音楽性をさらにスキルアップ。第4群は、音楽の背景を、歴史・理論などの観点から深く学ぶ科目です。第5群は、社会実践コミュニケーションに関する科目群で、現代的な内容の多彩な科目から構成されます。第6群と第7群は、おもに3~4年次のゼミ関連の科目です。所属ゼミで専門を深め、最終的に「卒業プロジェクト」を完成させます。

カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる