• TOP
  • チャペル・サーヴィス
  • 行事日程/
    センター所属学生団体
  • カルト宗教から
    心と身を守る
  • チャペル

    キリスト教の精神に基づき
    さまざまな活動を展開


    本学はキリスト教精神に基づき、日本初の女子教育機関として設立されました。現在においても、宗教センターが中心となって日々のキャンパスライフのなかで、また四季折々の行事を通してキリスト教関連活動が行われています。

    大学におけるキリスト教

    「何ごとも利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、 他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。」(フィリピの信徒への手紙2章3-5節)

    「めいめい他人のことにも」と訳された部分のギリシア語本文が、7号館文学部棟の2階ホールの壁面にレリーフで飾られています。

    大学は、そこで学ぶ者が自分の才能や個性を発見し、大切に育み伸ばしてゆくための場所です。しかしそのための努力が利己心や虚栄心からなされるとき、 人は孤独で貧しい存在になります。むしろ他者の優れたところに感動し、そこから互いに学びあう開かれた姿勢が、大学生活を豊かにするために大切です。

    同じことは、文化や宗教そして国家相互の関係にも当てはまります。経済の地球規模化と共に急速に進行する文化の多元化や社会の国際化は、 文化や宗教の違いを壁としてではなく、豊かな多様性のためのチャンスと捉える姿勢を、私たちに求めています。

    目に見えるかたちで「優れている」点がなくても、キリストがそうされたように、その人や文化や国を尊敬すべきなのです。そのとき初めて他者が見えてくるし、 私たちは謙虚になれる。フェリス女学院大学が目指すキリスト教主義は、そのようなものです。

  • チャペル・サーヴィス

    チャペル・サーヴィスとは

    「礼拝」(サーヴィス)とは聞きなれない言葉かもしれませんが、もともとは「仕え」を意味します。私たちは多くの人々の支えと人を超えた大いなる力によって「仕えられて」生きています。神の前で静まって自分をふりかえる時を過ごすこと、それがチャペル・サーヴィスです。

    チャペル・サーヴィス日時
    緑園:12:20~12:40 月~金曜日 チャペルにて
    山手:12:30~13:00 木曜日 フェリスホールにて 木曜礼拝
    このほかに、年に数回「水曜夕礼拝」が行われます。
    これらの礼拝は、本学の学生・教職員を対象としています。

    チャペル・サーヴィス

    飾り
    チャペルは祈りの場所です。
    ひとり静かに思いをめぐらせたい時、落ちつきたい時などにご利用ください。
    宗教主任・チャプレンと話されたい方は、お気軽に宗教センターにご連絡ください。
  • 行事日程

    2017年度 宗教センター行事予定

    4月10日(月)

    学内礼拝 開始

    7月4日(火)

    キリスト教講演会
    ※午後はこの講演会のため全学休講です。

    9月4日(月)~6日(水)

    サマーキャンプ

    9月25日(月)

    後期学内礼拝 開始

    10月25日(水)

    キリスト教講演会
    ※午前中はこの講演会のため全学休講です。

    12月4日(月)

    アドヴェント 夕礼拝

    12月13日(水)

    大学クリスマス礼拝

    3月22日(木)

    卒業礼拝

    各行事の詳細は、FerrisPassportにてお知らせいたします。

    主なキリスト教活動

    年間イベント

    キリスト教講演会
    年2回、さまざまな分野で活躍している講師を招いて、キリスト教の視点から現代の課題を取り上げます。

    サマーキャンプ

    聖書やキリスト教の学びを中心に、ワークショップなどを楽しみながら過ごす、2泊3日のゆるやかなキャンプです。
    クリスマス

    クリスマスの4週間前のアドヴェント(待降節)の点灯式に始まり、クリスマス礼拝へと続きます。キリスト教会では、待望された救い主の到来を心晴れやかに祝います。

    センター所属学生団体

    聖書研究会
    チャプレンと一緒に少しずつ聖書を読み進めています。聖書に書かれた一つひとつの言葉に、新たな発見があります。
    ハンドベル・クワイア
    ハンドベルはイギリス生まれの楽器で、その音色は「天使のハーモニー」と呼ばれることもあります。学内の礼拝での奉仕を中心に活動しています。
    聖歌隊「musica sacra」
    さまざまな賛美歌や聖歌を学び、学内の礼拝での奉仕を中心に活動しています。
    学生YMCA
    日本YMCA同盟および学生YMCAの行事などを随時ご案内しています。

    その他

    コイノニアコーナー(CLA棟2階)
    キリスト教関連の書籍を読んだり、お茶を飲んだりできます。「コイノニア」とはギリシア語で 「交流・共有」を意味します。教室やゼミ室とはまた一味違った時間を共有するために利用して下さい。
    教会の礼拝に参加する
    日曜日には教会の礼拝にぜひ出席してください。宗教センターにて教会を紹介します。
  • カルト宗教から心と身を守る

    いわゆる「破壊的カルト」と並んで、自己啓発セミナー/マルチ商法などに代表される「経済カルト」、法律に違反する行為はしなくとも人道上の問題を含む行為を行う「ソフトなカルト」が存在します。いずれの場合も巧みに私たちの心の隙間をついて勧誘します。サークルだと思っていたら実は宗教団体だった、「友だちになってほしい」と相談してきたなど、その手段は多様です。また、「今の自分が嫌い」「もっと上を目指したい」という皆さんの向上心を利用する場合もあります。

    これらの団体は、明らかに法律に違反する行為に手を染めるものもありますが、多くの場合は、「しつこく勧誘する」「個人情報を聞き出したがる」「家族や友人などとの接触を禁じる」「住む場所を指定し監視する」「信者獲得などノルマを課して働かせる」「結婚相手を指定する」など、徐々に皆さんを追い詰め、生活を壊します。つまり、人の心と生活のすべてを縛ろうとするのです。

    自分を守るために大切なことは、一人ひとりが自尊感情を育み、人権意識を養うことです。あなたと他者、特に、様々な意味で弱い立場にある人を大切にする感性を身につけることです。

    一方で、どれほど注意していても、そのような団体に近づいてしまうこともあります。なぜなら勧誘する人はプロだからです。近づいてしまった人が悪いわけでも弱いわけでもありません。
    ただし、「このサークル、何か変だな?」「友だちのようすが最近おかしい」と感じたときは迷わずに行動しましょう。

    「はまらない」ため、そして「はまりかけたときに脱け出す」ためには・・・

    ■看板に偽りあるサークルには要注意。――正当な宗教サークルは、名前を隠して勧誘しません。

    ■おかしいと思ったらハッキリ「ノー」といいましょう。――魅力的な人物に誘われても、友人からの誘いでも。情に流されてはいけません。

    ■友人や家族に相談しましょう。 ――マインド・コントロールを拒絶する一番よい手段は、第三者に話を聞いてもらうことです。「これは深い話だからあなただけに話した。ほかの人には話さないで」などというのは、マインド・コントロールの始まりです。

    ■情報操作や情報規制を感じたら逃げましょう。――「自分たちだけが真理」「外部には私たちに対して陰謀を抱く者たちがいる」などと言われたら、あなたはもうその集団の一員と思われています。心の不安を乗り越えて、とにかく逃げましょう。

    フェリス女学院大学では、学生課/宗教センター/学生相談室にて危険な団体に関する相談を伺います。または、身近な教員に相談してください。

    (日本脱カルト教会ホームページを参考にしました。)