沿革

1870年
(明治3年)

メアリー・E.キダー、ヘボン施療所で授業開始 <フェリス女学院の発祥>

1875年
(明治8年)

山手178番に校舎・寄宿舎落成、「フェリス・セミナリー」と名づける

1889年
(明治22年)

「フェリス和英女学校」と改称、講堂「ヴァン・スカイック・ホール」完成

1923年
(大正12年)

関東大震災により校舎倒壊焼失、カイパー校長殉職

1929年
(昭和4年)

新校舎・カイパー記念講堂竣工

1941年
(昭和16年)

戦時下、校名を「横浜山手女学院」と変更

1947年
(昭和22年)

専門学校(旧制)3年(英文科、家政科、音楽科)設置

1950年
(昭和25年)

「フェリス女学院」と改称
専門学校を短期大学(英文科、家政科)に改編、翌年 音楽科開設

1965年
(昭和40年)

大学(文学部英文学科、国文学科)開学

1970年
(昭和45年)

学院創立100周年

1988年
(昭和63年)

緑園キャンパス開設

短期大学(家政科)を発展改組し、文学部国際文化学科開設

1989年
(平成元年)

音楽学部(声楽学科、器楽学科、楽理学科)開設
フェリスホール竣工

1991年
(平成3年)

大学院人文科学研究科(英文学専攻、日本文学専攻)修士課程開設

1993年
(平成5年)

文学部国文学科を日本文学科に名称変更

1995年
(平成7年)

大学院人文科学研究科を博士課程前期・後期に改組

1997年
(平成9年)

国際交流学部(国際交流学科)開設

1998年
(平成10年)

大学院音楽研究科(声楽専攻、器楽専攻、創作表現専攻)修士課程開設
国際学生交流会館開設

2001年
(平成13年)

大学院国際交流研究科(国際交流専攻)博士課程前期・後期開設
緑園キャンパス施設拡充(文学部棟、キダーホール・緑園、図書館竣工)

2002年
(平成14年)

中高新校舎・新カイパー記念講堂竣工

2004年
(平成16年)

文学部コミュニケーション学科開設
音楽学部楽理学科を音楽芸術学科に名称変更

2005年
(平成17年)

音楽学部声楽学科・器楽学科を演奏学科に改組

2008年
(平成20年)

大学院人文科学研究科(コミュニケーション学専攻)博士前期課程開設

2009年
(平成21年)

大学院音楽研究科を音楽芸術専攻、演奏専攻に改組

2010年
(平成22年)

学院創立140周年
大学院人文科学研究科(コミュニケーション学専攻)博士後期課程開設

2012年
(平成24年)

山手8号館竣工

2014年
(平成26年)

文学部英文学科を英語英米文学科に、
文学部日本文学科を日本語日本文学科に名称変更

2015年
(平成27年)

大学開設50周年