大学評価・自己点検

第三者評価

認証評価制度について(学校教育法第109条)
すべての大学は、その教育研究水準の向上に資するため、文部科学大臣の定めるところにより、当該大学の教育及び研究、組織及び運営並びに施設及び設備の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表することが求められています。また、当該大学の教育研究等の総合的な状況について、政令で定める期間ごとに、文部科学大臣の認証を受けた者による評価(認証評価)を受けることが定められています。

大学基準協会による大学評価並びに認証評価結果について

フェリス女学院大学は、2015(平成27)年度に公益財団法人大学基準協会による大学評価並びに認証評価を受け、同協会の定める大学基準に適合しているとの認定を受けました。認定の期間は、2016(平成28)年4月1日より7年間(2023(平成35)年3月末日まで)となります。

自己点検・評価の取組

フェリス女学院大学は、その設置目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について、不断の自己点検及び評価を行い、その結果を公表することを大学学則・大学院学則に定めています。そして、自己点検・評価活動を推進する組織として、自己点検・評価委員会(委員長:学長)を設置しています。
自己点検・評価委員会は、大学基準協会の定める点検・評価項目に基づき、毎年「自己点検・評価シート」(本学独自フォーム)を取りまとめ、大学・各学部の到達目標の確認、活動状況の正確な把握、将来計画の企画・立案、そして大学としての一元化を推進し、その結果を社会に向けて公表することとしています。

+ すべてを開く

2015年度 自己点検・評価

フェリス女学院大学は、その設置目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について、不断の自己点検及び評価を行い、その結果を公表しています。

2015 年度の自己点検・評価については、公益財団法人大学基準協会による大学評価及び認証評価の結果を受け、その際に改善勧告・努力課題として示された指摘事項について各関係部門で確認・検討し、改善に向けた取り組みへと繋げました。
指摘された事項は次のとおりです。

  • 音楽学部音楽芸術学科における規定教授数の改善。
  • 音楽研究科のカリキュラム・ポリシーの改善。
  • 人文科学研究科と国際交流研究科の博士後期課程における「課程博士」の学位授与に関する規定の見直し。
  • 音楽学部演奏学科、人文科学研究科博士前期課程、国際交流研究科博士後期課程及び国際交流学部の編入学の学生数の改善。

また、大学基準協会が審査時に提出を求める「大学基礎データ調書」の項目をもとにした、認証評価対象年度(2014 年度)との比較による点検・評価も行いました。
基礎データからは、主に次のような事項が今後の改善課題として読み取れました。

  • 文学部日本語日本文学科及びコミュニケーション学科の専任教員1人あたりの学生数。
  • 受入私費留学生の減少。

さらに、2016 年度以降の評価の体制についても検討し、次のとおり見直しを行うこととしました。

  • 点検・評価項目は法令対応要件等を中心とする「基礎項目」と大学基準協会が設定する点検・評価項目に対応した「任意項目」の2つに大別すること。なお、「基礎項目」は毎年、「任意項目」は3 年毎に点検・評価を行うこと。
  • 各部署から提出された点検・評価報告書の内容確認は、学長及び副学長が行うこと。
  • 課題として抽出された項目については、責任の主体及び改善に向けたスケジュール等を「改善計画書」としてとりまとめ、その進捗状況を随時確認し、改善に向けて大学として取り組む体制とすること。

2016 年度からは、上記2015 年度の評価活動の結果を踏まえつつ、次のような事項を課題として、全学的に自己点検・評価活動に取り組んで行きます。

  • 2015 年度に大学基準協会による大学評価及び認証評価を受け、改善勧告・努力課題として示された指摘事項について、大学全体で対応策・改善策の検討を進める。なお、指摘事項については、2019 年7 月に大学基準協会に改善報告書を提出予定。
  • 上記指摘事項のほか、本学の長所・短所を見極めるために「任意項目」を検討し、自己点検・評価活動を推進する。
  • 大学基準協会の第3 期認証評価における大学評価項目を念頭に置き、第2 期認証評価からの変更点(内部質保証システムの有効性に着目した評価、大学の課題に焦点化した評価、大学の特性に応じた評価)に対応しつつ、大学内の評価の視点の見直しを行う。

本学では、「三つの方針(三つのポリシー)」を教育の柱として、PDCA サイクルを有効に機能させ、IR によって教育の質を検証しつつ、内部質保証を重視した教育の実現にまい進していきます。

フェリス女学院大学 自己点検・評価委員会

2014年度 自己点検・評価

フェリス女学院大学は、その設置目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について、不断の自己点検及び評価を行い、その結果を公表しています。

本学は、2015 年度に公益財団法人大学基準協会による大学評価及び認証評価を受け、同協会の定める大学基準に適合しているとの認定を受けました。
このことにより、2014 年度の自己点検・評価については本学独自の「自己点検・評価シート」の作成は行わず、大学基準協会へ提出した「点検・評価報告書」をもって、これに代えるものとします。

2013年度 自己点検・評価(2015年度 認証評価 申請用報告書)

フェリス女学院大学は、その設置目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について、不断の自己点検及び評価を行い、その結果を公表しています。

本学における自己点検・評価の基本的なサイクルは次のとおりです。

  • 点検・評価項目ごとに責任者及びサポート部署を定め、活動状況の点検・評価を行う。
  • 各項目の点検・評価結果を自己点検・評価委員会に集約し、大学全体の視点で検証を行う。
  • 自己点検・評価委員会での検証結果を各部署にフィードバックし、以後の活動の改善へとつなげる
  • 一連の活動の有効性を大学評議員が客観的視点から検証する。
  • これらの活動を毎年実施する

このたび公表する「自己点検・評価」結果は、2015年度の認証評価申請を前提として、例年とは異なり、2009年度から2013年度の点検・評価結果を総括する形で実施したものです。大学基準協会が定める10の項目に基づいて、点検・評価を実施しました。 その中で浮かび上がった主な長所と課題は次のとおりです。

(長所)
  • アカデミック・アドバイザー制度を通じた修学支援、バリアフリー対応、4年間を通じたキャリア形成支援などの学生一人ひとりの状況に対応した学生支援体制
  • 建学の精神・教育理念という大学の特色を踏まえた社会貢献・連携活動の展開
(課題)
  • 学部学科間における教員1人あたりの在籍学生数の不均衡
  • 大学院人文科学研究科博士前期課程、国際交流研究科博士前期課程及び後期課程における収容定員に対する在籍学生数比率

特に、課題については、社会状況の変化や財政問題とも密接に関連するものであり、中長期的な展望のもとで取り組むべき課題であると認識しています。 そのため、理事会のもとに設置された「高等教育再編委員会」で検討を進める大学グランドデザイン(将来構想)の主要な課題のひとつと位置づけて、対応することとしました。 「建学の精神」・「教育理念」のさらなる明確化・具体化との方向性のもと、リベラル・アーツ教育による「21世紀の教養」の醸成を教育方針に掲げる教育改革の中で、その実現のために必要な体制整備をなすことを考えています。 そうした大学の将来像を構想する中で、全学の教員配置の適正化・平準化及び学部教育改革に呼応した大学院教育の在り方について、あらためて検討してまいります。

2013年度 自己点検・評価シート(2015年度「認証評価」申請用報告書)

フェリス女学院大学 自己点検・評価委員会

2012年度 自己点検・評価

フェリス女学院大学は、その設置目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について、不断の自己点検及び評価を行い、その結果を公表しています。このたび公表する「2012年度 自己点検・評価シート」は、大学基準協会が定める点検・評価項目に本学独自の項目「国際交流」を加えた11の項目に基づいて、点検・評価を行った結果です。

本学では、点検・評価項目ごとに責任者とサポートする部署を定め、毎年点検・評価を行い、その結果を自己点検・評価委員会に報告します。委員会ではワーキング・グループを設け、各責任者のもとで行われた点検・評価結果を相互に検証します。2010年度からは、自己点検・評価の客観性を高めることを目的として、各学部から選出される大学評議員による点検・評価活動自体の検証を実施しています。

2012年度の検証作業の結果を受けて、自己点検・評価委員会は次の点を主な課題としました。

  • 自己点検・評価の一層の実質化を実施するために、2012年度に策定した中期目標・中期計画をもとに、計画最終年度の具体的な到達目標と可能な限りの数値指標を設定するなど、取組の成果を可視化し、点検・評価活動の意義について教職員のコンセンサスを醸成すること。
  • 大学全体を俯瞰し、中長期的な視点、あるいは部署横断的な視点から、取り組む課題を明らかにし、限られたリソースを前提として選択と集中を適切に行うための意思決定プロセスを明確化すること。
  • 就職支援、留学、ボランティアなどの正課外活動と正課(カリキュラム)との有機的な連携を実現するための組織および仕組みについて、具体的に検討すること。

2013年度は、こうした課題の改善を重点目標に掲げ、全学的に自己点検・評価活動に取り組んでいきます。

フェリス女学院大学 自己点検・評価委員会

2012年度 自己点検・評価シート

2011年度 自己点検・評価

フェリス女学院大学は、その設置目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について、不断の自己点検及び評価を行い、その結果を公表しています。このたび公表する「2011年度 自己点検・評価シート」は、大学基準協会が定める17の項目に基づいて、本学として独自に点検・評価を行った結果です。

本学では、項目ごとに定められた責任者とそれをサポートする部署が毎年点検・評価を行い、その結果を自己点検・評価委員会に報告します。委員会ではワーキング・グループを設け、各責任者のもとで行われた点検・評価結果を相互に検証するという作業を行います。2010年度からは、自己点検・評価の客観性を高めることを目的として、各学部から選出された大学評議員が委員会の作業結果をさらに検証しています。

2011年度の検証作業の結果を受けて、委員会は次の点を主な課題としました。

  • 本学で自己点検・評価の一層の実質化を目差すには、前提として達成すべき目標の具体化とそれをはかるための指標(数値目標等)の明確化が必要である。
  • 内部質保証の観点から、部署単位のみでなく、大学全体を俯瞰し、中長期的な視点、あるいは部署横断的な視点から、教育の質を向上させるための取り組みを検証し、企画・立案する機能が必要である。
  • 就職支援、留学、ボランティア等の正課外活動の学生支援の現場で必要性が認識されるさまざまな能力を、正課(カリキュラム)に反映して、体系的に育成していくための仕組みが必要である。

こうした課題を改善するため、2012年度には本学では初めての取組となる中期目標・中期計画の策定に着手することとしました。中期目標・中期計画として到達目標を明確化すると共に、そのことを通じて全学の状況を俯瞰し、共有した上で、組織の枠組に捉われずに必要な改善・改革を発想・実現していくための仕組みを構築することが必要と考えています。2012年度を通じて、中期目標・中期計画を核とするあらたな仕組みについて、検討を進めていきます。

フェリス女学院大学 自己点検・評価委員会

2011年度 自己点検・評価シート

2010年度 自己点検・評価

フェリス女学院大学は、その設置目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について、不断の自己点検及び評価を行い、その結果を公表しています。このたび公表する「2010年度 自己点検・評価シート」は、大学基準協会が定める17の項目に基づいて、本学として独自に点検・評価を行った結果です。

本学では、項目ごとに定められた責任者とそれをサポートする部署が毎年点検・評価を行い、その結果を自己点検・評価委員会に報告します。委員会ではワーキング・グループを設け、各責任者のもとで行われた点検・評価結果を相互に検証するという作業を行います。2010年度からは、自己点検・評価の客観性を高めることを目的として、各学部から選出される大学評議員による検証を実施することとしました。

2010年度の検証作業の結果を受けて、委員会としては主に次のような点を課題としています。

  • 点検・評価の結果を全学的な改善・改革へと結びつけていくために、自己点検・評価における到達目標の具体化や中期目標・計画の策定等、具体的な仕組みづくりに取り組む。
  • 学科ごとの教員・学生数比率を適正な水準に維持していくために、当該学部・学科だけではなく、全学的なレベルで方策を検討する。(継続)
  • 学習支援、学生生活支援、キャリア形成支援など、担当部署や正課・正課外などの従来の枠組みを超えた総合的な学生支援体制の構築に取り組む。(継続)

自己点検・評価委員会としては、全学的に課題を共有し、着実に改善・改革を実施できるよう、その基盤づくりに努めていきます。

フェリス女学院大学 自己点検・評価委員会

2010年度 自己点検・評価シート

2009年度 自己点検・評価

フェリス女学院大学は、その設置目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について、不断の自己点検及び評価を行い、その結果を公表しています。このたび公表する「2009年度 自己点検・評価シート」は、大学基準協会が定める17の項目に基づいて、本学として独自に点検・評価を行った結果です。

項目ごとに定められた責任者とそれをサポートする部署が毎年点検・評価を行い、その結果を自己点検・評価委員会に報告しますが、2009年度自己点検・評価から、委員会の中にワーキンググループを設け、各責任者のもとで行われた点検・評価結果を相互に検証するという作業を始めました。

その検証作業の結果を受けて、委員会としては次のような点を課題としています。

  • 学科ごとの教員・学生数比率を適正な水準に維持していくためには、当該学部・学科だけではなく、全学的なレベルで方策を検討する必要がある。
  • 大学の人材養成のあり方が社会から問われている中で、正課・正課外のキャリア教育、キャリア形成支援、就職支援を一元化し、全学及び各学部・学科カリキュラムの中における位置づけを明確にして、学生の進路支援を総合的に行う必要がある。
  • 学生支援センターに属する3つの部署(保健室、学生相談室、バリアフリー推進室)と学生課が中心となって学生生活支援を推進してきているが、大学教育への適応に問題を抱えるなど、従来の枠組みでは支援が難しいケースもある。教務課、附属図書館等とも連携し学習支援も含めた総合的な支援体制を構築する必要がある。
  • 本学独自の点検・評価を毎年実施し、その結果を公表するなど、自己点検・評価の体制作りが進んできたが、それを全学的な改善・改革に結びつけるためには、中期目標・中期計画のもとに毎年度の事業計画・予算を位置づけ、自己点検・評価結果を次年度以降の活動に反映していく必要がある。

自己点検・評価委員会としては、全学的に課題を共有し、着実に改善を実施できるよう、その基盤づくりに努めていきます。

フェリス女学院大学 自己点検・評価委員会

2009年度 自己点検・評価シート

2008年度 自己点検・評価