授業

緑園キャンパス

第1時限 9:00~10:30
第2時限 10:40~12:10
礼拝(月~金) 12:20~12:40
第3時限 13:10~14:40
第4時限 14:50~16:20
第5時限 16:30~18:00

山手キャンパス

第1時限 9:10~10:40
第2時限 10:50~12:20
礼拝(木) 12:30~13:00
第3時限 13:50~15:20
第4時限 15:30~17:00
第5時限 17:10~18:40

大学又は各授業科目の担当者にやむを得ない事情が発生した場合、授業を休講とすることがあります。休講情報は、FerrisPassport、掲示にてお知らせします。
休講の掲示がなく、授業開始後30分以上経過しても担当者が入室しない場合は、自然休講とします。
休講についての電話照会には応じません。

交通機関不通の場合の休講について

ストライキ、台風又は事故等による交通機関不通の場合、各校舎において次のような措置をとります。

対象となる交通機関
  • 緑園校舎 相模鉄道線
  • 山手校舎 JR根岸線及びみなとみらい線※
※山手校舎については、両線が不通となった場合のみ。いずれかの線が運行している場合は該当しない。
  • 当日午前6時までに復旧した場合は、平常どおり授業を行う。
  • 当日午前10時までに復旧した場合は、午前中(1・2限)の授業を休講とし、午後から授業を行う。
  • 当日午前10時までに復旧しない場合は、授業を終日休講とする。

神奈川県下に暴風警報、暴風雪警報又は特別警報が発令された場合の休講について

台風接近等により、神奈川県全域又は神奈川県東部(「横浜・川崎」「湘南」「三浦半島」)に暴風警報又は暴風雪警報が発令された場合、次のような措置をとります(警報は「気象庁」もしくは「横浜地方気象台」(045-177)発表のものとします)。

また、神奈川県全域又は神奈川県東部(「横浜・川崎」「湘南」「三浦半島」)に特別警報(大雨、暴風、暴風雪及び大雪)が発令された場合も、上記に準じます。

  • 当日午前6時までに警報が解除された場合は、平常どおり授業を行う。
  • 当日午前10時までに警報が解除された場合は、午前中(1・2限)の授業を休講とし、午後から授業を行う。
  • 当日午前10時までに警報が解除されない場合は、授業を終日休講とする。
  • なお、授業開始後に警報の発令があった場合は、それ以降の当日の授業は終日休講とします。

大規模地震の警戒宣言が発令された場合

大規模地震の判定会※が招集された場合や警戒宣言等が発令された場合には、休校とします。警戒宣言等が解除された時の授業再開については、交通機関が不通になった場合に準じます。
※「大規模地震対策特別措置法」に基づく「地震防災対策強化地域判定会」

新型インフルエンザが流行した場合の休講について

新型インフルエンザが流行し、厚生労働省から新型インフルエンザ対策行動計画が緑園・山手両キャンパスの近隣地域で発令された場合は、感染防止のため、発令が解除されるまで終日休講とします。

大学又は各授業担当者のやむを得ない事情により、休講となった授業については、原則として補講を行います。また、担当者の判断により補講を実施することがあります。
補講情報は、FerrisPassport、掲示によって通知します。担当者から直接指示があった場合、その指示に従ってください。

大学では、授業を欠席する場合、原則として授業担当教員に伝達するなどの措置はとりません。ただし、下記の事情により欠席する場合には、「感染症罹患届」又は「欠席届」の手続きを受け付けますので、速やかに教務課に申し出てください。出欠の扱いは各授業担当者の判断に委ねられています。

傷病などの理由により、2週間以上続けて長期欠席する場合

「欠席届」(教務課備付・下記からもダウンロード可能)を提出してください。医師の診断書など欠席理由・期間を証明できるものの添付が必要になります。

感染症にかかった場合

学校感染症※(学校保健安全法施行規則第3章第18条)にかかっていると疑われる場合には、通学を見合せ、速やかに医師の診療を受けてください。医師が通学を許可するまでの期間、出席停止となります。医師の許可が出たら、必要書類を教務課に提出してください。

※学校感染症
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARS コロナウイルスであるものに限る)、中東呼吸器症候群、インフルエンザ、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎、コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症

裁判員に選任され、審理に参加する場合

裁判員に選任され、審理に参加するために授業を欠席する場合は、申し出てください。

忌引により、欠席する場合

次の続柄の親族が亡くなった場合は、「欠席届」を提出することができますので、教務課に申し出てください。また、忌引日数は、死亡日もしくは葬儀の日を含む次のとおりとします。

配偶者、父母、子:連続7日以内
配偶者の父母:連続5日以内
祖父母、孫、兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹:連続3日以内
※日数には、土日・祝日を含む。

提出時に必要な書類
欠席日を確認できる「会葬礼状」または死亡を確認できる「公的証明書」(写)

その他特別な事情により、2週間以上続けて欠席する場合

やむを得ない理由と教務部長が判断した場合に限り、「欠席届」を提出することができます。(理由を証明する書類の提出が必要になります。)