フェリス女学院大学

合格者向けサイト

フェリス女学院大学への合格おめでとうございます。

おしらせ

2021.02.02
合格者向けサイトをオープンしました

フェリス女学院大学の3つのポイント

特色ある語学教育

  • 英語運用能力を徹底的に学ぶ

    「英語インテンシブ・コース」では、15名程度を基本単位とした習熟度別の少人数クラス編成で、1・2年次を中心に集中的な語学トレーニングを実践。英語圏への留学のために十分な高度な英語運用能力を身につけることを目指します。

  • 初習外国語を集中的に学ぶ

    「初習外国語インテンシブ・コース」では、フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語・朝鮮語のいずれかを集中的に学びます。少人数による徹底指導により、大学入学後に初めて学習する言語でも、将来の仕事や研究などにも生かせる本格的なレベルまで育成。

  • 語学学習のサポートも充実

    本学の先進的な語学教育をさらに充実させているのが、語学担当教員による授業外での学習サポート。さまざまな観点からのサポートで、学生の自主学習をさらに効果的なものとすることに繋がっています。

きめ細かなキャリアサポート

  • 就職実績

    2019年度の本学の就職内定率は97.7%。本学では、就職活動が終わるまで個別の支援を大切にしています。4年連続で進路把握率100%を達成しているのもそうした支援の結果です。

  • 多彩な講座

    自分の適性、企業や就職活動に関する情報が必要となる3年次生向けには、実践的な内容のガイダンスや各種講座などを行っています。さらに1・2年次生から体系的なキャリア形成支援にも力を入れています。

  • スタッフのサポート

    自分自身の持つ力や可能性に気付いてもらい、それをどう伸ばしていくかについてアドバイスしています。また、就職活動だけでなく進学・留学に関する悩みや不安などあらゆる問題に対し、一人一人に見合ったサポートを行っています。

実践的な教養を学ぶ全学教養教育機構(CLA)

  • 新しい時代の教養を身につける

    フェリスの伝統であるリベラル・アーツ教育を「全学教養教育機構(CLA:Center for the Liberal Arts)」を中心に展開します。全学部の学生を対象に、4年間を通じた体系的なカリキュラムを編成し、「新しい時代を切り拓く女性」を育成します。

  • FERRIS⁺で発展的に学ぶ

    FERRIS⁺実践教養探求課程(以下FERRIS⁺)は、大学での学びと社会との接点を意識しつつ、現代に求められる教養、将来に求められる教養を主体的に探求し、学ぼうとする学生のための課程です。本課程は、学部・学科における4年間の学士課程の学びと並行して、2・3年次の2年間を中心に展開します。

  • プロジェクト演習で実践的に学ぶ

    課題解決型授業PBL(Project-Based Learning)を効果的に取り入れ、大学での学びと社会との接点を意識しつつ、現代社会で求められる実践型の教養を身につけることのできるプログラムを展開しています。同科目は学部横断で開講し、企業や行政などの連携先から具体的なフィードバックを受けることで、多角的に学ぶことができます。