2023年度あらたに副専攻制度を開始~今、「新しい時代を切り拓く女性」を、フェリスから~2023年度あらたに副専攻制度を開始~今、「新しい時代を切り拓く女性」を、フェリスから~

「新しい時代を切り拓く女性」を150年以上にわたって育ててきたフェリス女学院大学では、2023年度から、全学部学科横断型の「副専攻制度」の導入を構想しています。既存の3学部5学科の学びに加えて、「今」の時代を生きる女性にとって必要なスキルを、「副専攻」というスタイルで身につけられる仕組みです。
副専攻修了者には「修了証」を発行。就職活動にも活かすことができます。

ジェンダーとキャリア

ジェンダーとキャリア フェリス女学院150年続く女子教育機関 副専攻 2023年度始動(構想中)

二つのコースで
新しい時代を切り拓く
女性に

〈ジェンダー・スタディーズ・
コース〉

ジェンダー・スタディーズ・コース画像
  • 学部の枠組みを超えた
    ジェンダー論の専門家を集結
  • 女子大ならではの学びを提供
  • 政策や文化など
    多様な観点から学ぶ
  • 自他の多様性を尊重できる人になる

※「CLAコア科目」と「学科専門科目」から指定単位数履修

〈ジェンダー・キャリア・
コース〉

ジェンダー・キャリア・コース画像
  • 上記コースでの学びを
    キャリア・プランと連携させる
  • フェリスならではのキャリア教育で
    リーダーシップを身につける
  • 社会で活躍する女性リーダーと交流
  • 他社と協力してプロジェクトを遂行

※ジェンダー・スタディーズ・コースで修得した単位に加えてキャリア関連の科目とプロジェクト系の科目から指定単位数履修

ジェンダー関連科目多数新設

伝統ある女子教育×最先端のジェンダー教育

※本計画は来春スタートの予定です。内容は一部変更になる場合があります。

デザインと表現

デザインと表現 副専攻 学部・学科の学び+もう1つの学び 感性と論理力を磨き、より良い未来を創る
デザインと表現 副専攻 学部・学科の学び+もう1つの学び

学びのキーワード

#デザイン #アート #音楽 #映像 #メディア #SNS #ファッション #ジュエリー #スペース #空間 #環境 #身体 #ビジネス #マーケティング #広告 #創作 #編集 #インターネット #サウンド #アニメーション #アナウンス #感性 #論理 #人間 #文化 #多様性 #個性 #協働 #創造力 #発信力

※本計画は来春スタートの予定です。内容は一部変更になる場合があります。

感性と論理力を磨き、
より良い未来を創る

図

わたしたちの生活や社会は多様で、とても複雑なものであり、様々な課題が存在しています。
デザインと表現は、こうした課題を「感性×論理」の力によって発見し、解決できる新しい発想と手段・ツールを考え、生み出し、社会に発信する「役割」も担っています。

副専攻「デザインと表現」では、わたしたちの生活にとって、「デザインすること」「表現すること」が持つ意義を知り、ファッションやメディア・アート、執筆・編集行為から音楽・映像制作、そしてSNSによる情報発信まで、多彩な表現手段について知識を深めます。

他者に対して効果的に「伝える」ための知識や技術を身につけ、多様で個性的な存在であるわたしたちが、「ともに」より良い未来を創っていくための発想力を養います。

イメージ

デザインと表現副専攻

ベース科目- デザインの基礎を学ぶ -

  • デザインと表現
  • 音楽とデザイン
  • 色彩と表現
  • ことばとデザイン

5つのエリア- 各エリアから総合的に学ぶ -

  1. ファッション、
    スペース
  2. メディア、
    プロダクト
  3. グラフィック、
    エディトリアル
  4. コミュニケーション、ビジネス
  5. サウンド、
    ビジュアル

美術史・建築史・
デザイン史科目- 歴史について教養を深める -

※本計画は来春スタートの予定です。内容は一部変更になる場合があります。

データサイエンス

「ユーザー」から「ディベロッパー」へ

学部・学科の学び
+
もう1つの学び

副専攻制度 2023.04
START(構想中)

指定科目群の中から
20単位(予定)を履修

単位取得者に
修了証を発行

イメージ

「ユーザー」から「ディベロッパー」へ

01 DSi

データサイエンス- 基礎 -

主として知識の習得を中心とする講義および演習

02 DSa

データサイエンス- 応用 -

主としてアプリケーションを用いて実際の処理を行う演習

03 DSd

データサイエンス- 開発 -

主としてシステム作成(プログラミング)の演習

※本計画は来春スタートの予定です。内容は一部変更になる場合があります。