FD活動

本学のFD活動

本学では、教育システム・教育方法・授業内容・カリキュラムなど、教育活動全般の改善・向上に関する組織的な取組(FD:Faculty Development)を全学的に推進しています。 FDの推進にあたり、学内には大学FD委員会と各学部・研究科FD委員会を設置しています。学長を委員長とする大学FD委員会と共に各学部・研究科単位でFD委員会を設置することで、教育の質的向上という課題に対して、さまざまな視点から検討し、より実効性のあるFD活動の展開を目指しています。

FD委員会の任務

  • 教育の質的向上に向けた全学的な教育支援策の企画・立案及びFD推進
  • 学生による授業評価アンケートの企画・実施、アンケート結果の集計・分析・評価
  • FDに関連する情報収集及び学内の啓発活動

各学部、学科が養成しようとする人材を記したディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)に基づき、これを実現するために各授業科目を通して行う教育をカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)としています。 ディプロマ・ポリシーの達成にそれぞれの授業科目がどのように寄与しているかを示すものとしてカリキュラム・チェックリストがありますが、科目と科目との関係や、学習の順序などを表現するために視覚的に表したものをカリキュラム・マップと呼んでいます。 各学部・学科のカリキュラム・マップは、次のとおりです。

活動報告

学修行動調査

本学では、学生の学修状況(学修時間や学修行動)の把握、学修成果の把握を目的として、 学部学生を対象とした学修行動調査を毎年度実施しています。

Ferris学修行動調査

ALCS学修行動比較調査(教学IR比較コモンズ)

他大学間との比較分析による現状把握を目的として、2018年度から参加予定です。
http://cmpir.org/alcs1.php

学生による授業アンケート

フェリス女学院大学では、授業をより良いもの、より効果的なものに改善していくために、FD活動の一環として、2004年度から全学的に学生(履修者)による授業アンケートを実施しています。

学生満足度調査

本学では、大学改革や学生生活における各種施策の検討のため、学生の教育や学生生活への満足度、大学への評価等を把握する調査を実施しました。