CLA棟の整備

全学教養教育を推進する拠点として、専用の校舎「CLA棟」を整備しました。

教室エリア ~アクティブラーニングなどに対応した最新の教育環境~

CLA棟は4階建て。3、4階の教室部分の整備は2016年9月に完了し、新しい教室で2016年後期から授業がスタートしています。全学教養教育機構(CLA)で展開されるアクティブラーニング型の授業やグループワーク形式の授業で活用される演習室も誕生しました。各教室の廊下側との仕切りはガラスのパーティションを使用し、明るく活動的な印象となっています。

CLA棟第1期工事完了についての詳細はこちらから

「建学の精神」「教育理念For Others」の明確化

2017年3月には、1、2階のフロアが新しく生まれ変わりました。CLA棟へのアプローチを整備するとともに、学院の歴史資料を展示する「ウェルカムセンター」、建学の精神と教育理念「For Others」の象徴的な活動の場として、「宗教センター(コイノニアコーナー)」「ボランティアセンター」「バリアフリー推進室」、さらには、キャンパス内外の国際交流活動を活性化し、留学を志す学生と受入留学生の支援を担う「国際センター」を設置しました。

CLA棟第2期工事完了についての詳細はこちらから

TOPへ戻る