For Student 在学生の方へ

奨学金制度

学生生活を支援するものとして、奨学金制度があります。フェリス女学院大学で取り扱う奨学金は、成績優秀者等に給付する奨学金と、経済的支援が必要な学生に貸与する奨学金があります。貸与の場合は、卒業・修了後定められた年数内に返還の義務があります。

給付

フェリス女学院大学 奨学会 学業成績優秀者給付奨学金

種別 給付額(年額) 期間 対象
給付 100,000円 採用年度限り 学部2年次・4年次対象 ※大学が選考

フェリス女学院大学 奨学会 自己研鑽給付奨学金

種別 給付額(年額) 期間 対象
給付 レベルに応じて、
上限50,000円、上限100,000円、上限200,000円
採用年度限り 学部1~4年次対象、学内・学外の活動において顕著な自己研鑽を行った者
  1. 募集掲示:7月中旬予定
  2. 受付時期:11月上旬~1月上旬

フェリス女学院大学 経済支援給付奨学金

種別 給付額(年額) 期間 対象
給付 100,000円 採用年度限り 学部2~4年次対象、日本学生支援機構奨学金第一種家計基準以内の者、成績優秀者
  1. 募集掲示:7月中旬予定
  2. 受付時期:9月中旬~10月上旬

フェリス女学院大学 石間奨学金

種別 給付額(年額) 期間 対象
給付 400,000円 採用年度限り 学部4年次(卒業見込資格取得者)対象、日本学生支援機構奨学金の申込資格を有する者、所定の家計基準該当者、成績優秀者
  1. 募集掲示:7月中旬予定
  2. 受付時期:9月中旬~10月上旬

フェリス女学院大学 障がい学生奨学金

種別 給付額(年額) 期間 対象
給付 100,000円 採用年度限り 各市区町村発行による障害者手帳に記載されている「身体障害程度等級」が1級及び2級に認定されている学生
  1. 募集掲示:5月上旬予定
  2. 受付時期:5月上旬~5月下旬

フェリス女学院大学 入学者選抜成績優秀者奨学金

種別 給付額(年額) 期間 対象
給付 基本授業料相当額※1 休学期間を除く在学期間(最大8セメスター) 入試における成績上位者(次年度以降の継続条件あり)
※1 修学支援新制度との併用は可能。ただし、授業料減免の適用を受ける場合の給付金額は、基本授業料からその減免額を差し引いた金額とする。

音楽学部・大学院音楽研究科対象の奨学金

種別 奨学金名 給付額 期間 対象
給付 三宅賞 上限50,000円 採用年度限り 音楽学部演奏学科(声楽)卒業または大学院演奏専攻(声楽)修了生より、演奏表現のほか、学業・人物を総合的に判断して、専攻分野の最優秀学生と認定される者
給付 器楽部門賞 上限30,000円 採用年度限り 音楽学部演奏学科(器楽)卒業または大学院演奏専攻(器楽)修了生より、演奏表現のほか、学業・人物を総合的に判断して、専攻分野の最優秀学生と認定される者
給付 音楽芸術部門賞 上限30,000円 採用年度限り 音楽学部音楽芸術学科卒業または大学院音楽芸術専攻修了生より、プロジェクト研究のほか、学業・人物を総合的に判断して、専攻分野の最優秀学生と認定される者
種別 奨学金名 対象 人数 給付額 条件 申込
給付 江口奨学金
第1種
音楽学部生及び音楽研究科生      20名以内 上限
50,000円
音楽学部が定める学外
公演等に参加する者
江口奨学金
第2種
音楽学部音楽芸術学科
2年次生
 2名以内  400,000円     前年度の成績優秀者 不要
音楽学部音楽芸術学科
3年次生
 2名以内  100,000円
音楽学部音楽芸術学科
4年次生
 2名以内  100,000円
音楽学部音楽芸術専攻
2年次生
 1名以内  100,000円
江口奨学金
第4種
音楽学部音楽芸術学科2年次生以上
及び音楽研究科音楽芸術専攻学生
 3名以内  上限
100,000円
学内コンペティションにおける評価が高い者
江口奨学金
第5種
音楽研究科音楽芸術専攻
に入学した者
 2名以内  200,000円 専攻分野及び学業における成績が特に優れている者
音楽研究科演奏専攻に入学した者      1名以内 不要
江口奨学金
第6種
音楽学部生及び音楽研究科生  2名以内  上限
100,000円
海外のコンクール及び音楽研修活動(留学を含む)に参加する者
江口奨学金
第7種
音楽学部4年次生及び音楽研究科2年次生 音楽芸術学科・
音楽芸術専攻
1名以内
演奏学科・
演奏専攻
声楽1名以内
器楽1名以内
 50,000円 卒業・修了時における成績優秀者 不要
※期間はすべて採用年度限り

日本学生支援機構給付奨学金

種別 給付額(年額) 期間 対象
給付 <自宅通学>
第Ⅰ区分:38,300円(42,500円)
第Ⅱ区分:25,600円(28,400円)
第Ⅲ区分:12,800円(14,200円)
<自宅外通学>
第Ⅰ区分:75,800円
第Ⅱ区分:50,600円
第Ⅲ区分:25,300円
生活保護世帯および児童養護施設などから通学する場合は( )の金額。
日本学生支援機構の貸与奨学金と併用受給する場合、第一種奨学金の貸与額が制限される場合があります。
標準修業年限
(毎年度審査あり)
住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生で、勉学の意欲が顕著である者
  1. 募集掲示:4月、9月予定
  2. 受付時期:春・秋(年2回)
  3. 参照:日本学生支援機構ホームページ
※日本学生支援機構の給付奨学金対象者は、大学へ申請することにより高等教育の修学支援新制度の授業料減免(国の制度)を受けることができます。