Research 研究/活動

フェリス女学院大学
共同研究

research

「フェリス女学院大学共同研究」は複数の学部・学科の教員が、複数の領域にまたがる特定の研究課題について共同で行う研究プロジェクトです。
1つの課題について3年の期間を限度として、特色ある共同研究が実施されています。
共同研究の成果は、紀要等で発表しています。「フェリス女学院大学学術機関リポジトリ」をご覧ください。

フェリス女学院大学共同研究に関する内規

最近5年間の研究プロジェクト

2022

採択課題なし

2021

採択課題なし

2020

採択課題なし

2018~2019

研究代表者:矢野 久美子(国際交流学部)
研究課題:ポピュリズムとアート
共同研究者※:梅﨑 透(文学部)、諸橋 泰樹(文学部)、泉谷 陽子(国際交流学部)、金 香男(国際交流学部)、田丸 理砂(国際交流学部)、
林 みどり(立教大学)、木村 朗子(津田塾大学)、粂田 文(慶應義塾大学)、金 惠信(沖縄県立芸術大学)

※所属は採択当時