日本語日本文学科

カリキュラム

専門科目カリキュラム

⽇本語⽇本⽂学科のカリキュラムは、⽇本語学・⽇本⽂学を柱として組み⽴てられています。⽇本語学は⽇本語史と現代⽇本語・⽇本語教育学に、⽇本⽂学は上代⽂学・中古⽂学・中世⽂学・近世⽂学・近現代⽂学・和漢比較⽂学に、専⾨・細分化されます。その授業科⽬は、それぞれの専⾨分野の科⽬と分野横断的科⽬とに大別され、それらは同時に教職課程(国語)や⽇本語教員養成講座の科⽬となります。各分野の入⾨科⽬から段階的に履修を進めつつ、一方では、他学科の開放科⽬をも含めた周辺領域と繋がりをもたせることで、中心となる専⾨知識を総合的に深めていくことができるよう設計されています。⼩説・短歌などを創作する、報道⽂を書く、メディアを編集する、⽇本語を教えるといった実際の体験を通して学んでいく科⽬を多く設けていることも特徴です。

カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる