Ferris Alumni Gallery#05

仲間と協力して、最高水準のエンターテインメントを提供し続ける

加藤 花

株式会社オリエンタルランド勤務
音楽学部 音楽芸術学科 2023年卒業

Category

文化表現学科/その他

2024/5/15

今のお仕事内容を教えてください

テーマパークで行われるショーの運営に携わっており、その中で私は、ライブアトラクションや屋外ステージの担当をしています。ショーの性質上、天候や客席、ステージ上の出演者など目まぐるしく状況は変化し、一度として同じシチュエーションはありません。ショーに関わる全体の要素を把握し、魅力的で安全なショーをゲスト(お客様)に提供するための進行管理が私の仕事です。1つの公演には出演者だけではなく、様々な部署や異なる立場の人たちが携わります。スムーズな進行管理には、円滑なコミュニケーションが不可欠です。大好きなショーの運営に直接携われること、そしてゲストの笑顔を見られることに日々やりがいを感じています。

今のお仕事を選んだ理由を教えてください

ずっと学んできた芸術を、仕事として広く皆さんへ届けることに魅力を感じたからです。テーマパークのショーは芸術に興味がある人だけでなく、多くの人が芸術に触れられる環境が整っています。私が芸術に心を動かされてきたように、ゲストにも心に残る経験をしていただくことができると考えました。

フェリス女学院大学で学んだことを教えてください

子どもの頃から、音楽やバレエなど芸術に親しんで育ち、音楽の専門的な学びを求める一方で、音楽以外のことも学び視野を広げたいと考え、他学科の授業も履修できるフェリスを選びました。大学ではバレエ、合唱などの実技科目を履修しながら、ジェンダーに関する授業、特にフェミニズムを追求することに夢中になり、関連する授業を積極的に履修しました。卒論も音楽とジェンダーを結びつけ、19世紀のドイツで、クララ・シューマンという女性がピアニストとして活躍するうえで、性別により、どのような制限を受けたのかを研究しました。

バレエの授業
同志社女子大学に国内留学したときの1枚

高校生へのメッセージをお願いします!

フェリスには、自分が「こうしたい!やりたい!」と思ったことに真剣に取り組める環境が整っています。授業を受けて感じた疑問に、授業後、とことん付き合ってくださるなど学びたいという気持ちに寄り添い、応援してくれる先生がいます。学部や学科を越えて、幅広い学びの領域に触れることができるのも魅力の一つです。フェリスは、一生懸命になることを応援してくれる環境があります!夢中になれる4年間を送ってください。応援しています。

卒業礼拝にて

この仕事に就くには

どの専攻でも目指すことができますが、先輩と同じような学びができる学科・専攻はこちらです。

※所属・仕事内容は取材当時のものです。

My Career

01学生時代

フェミニズム、音楽、バレエ、メディアアートなど、幅広く学んだ。京都の同志社女子大学へ国内留学も。

021年目

ステージマネージャーデビュー 2プログラムを担当し、安全かつ高品質のショーをゲストに届け続ける難しさを実感。

03今後の目標

ステージマネージャーとして、さらに担当するプログラムを増やしていく。

現在に生きる
フェリスの学び

学生時代の経験
全部の授業を最前列で聞く!
身についた力
興味のままに飛び込む積極性
仕事で活きた場面
スタッフや出演者、同期とのコミュニケーションなど日々の仕事で活きています。

※所属・仕事内容は取材当時のものです。

一覧へ戻る