FERRIS(フェリスプラス):実践教養探求課程

プロジェクト演習科目

2018年度前期からプロジェクト演習がスタートしました。

2017年度以降入学生は、1年次後期にプロジェクト演習を履修するための手続きを行い、2年次前期に履修することができます。プロジェクト演習は、FERRISの学びの核となる少人数制のゼミです。

専任教員の指導のもと、地域社会の産業振興や環境問題、新しい文化の創造と発信、フェリス女学院150周年記念プロジェクトなど、実社会と結びついた課題を具体的に設定し、解決策や企画を立案・提案する方法を体験的に学びます。(PBL:Project-Based Learning)

プロジェクト演習と所定のCLA科目を履修することで、FERRISの修了証が3年次後期に発行されます。修了にあたっては、就職課の力強いサポートを受けつつ、就職活動に生かす力を身につけることができます。

履修年次 2年次前期

特徴
01 フェリスらしいリーダーを育成します

既成の概念にとらわれず、自由な発想で物事に主体的に取り組む力を育成します。また、多くの人の信頼を得て、平和や共生社会を実現するために力を発揮するようなリーダーシップを身につけることができます。

02 実践や体験を通じて社会貢献を学びます

自ら課題を発見し、解決策を考え、社会とともに成長してゆく体験型の演習です。For Othersの伝統を受け継ぎ、社会に貢献することの自覚をしっかりと持つことができます。

03 学部横断型の学びで視野を広げます

3学部の学生が横断的に学ぶことができる演習なので、広い視野を持つことができます。また、それぞれの専門での学びを融合し、刺激し合うなかで、コミュニケーションスキルを醸成することができます。

クローズアッププロジェクト演習科目(2021年度)

2021年度の課題は、次のとおりです。

「フェリス女学院大学の広報戦略を考える」 国際交流学部 荒井真教授(学長) (クリックで展開)
  • ・フェリス女学院大学の広報戦略を一緒に考えます。
  • ・広報戦略を考えるには、フェリスが置かれている状況やフェリスのもつ「長所」「短所」を把握することが大切です。
  • ・そのために、フェリスの歴史を学んだり、各種アンケートを実施する予定です。
  • ・フェリスの企画・広報課および入試課の職員から広報戦略について伺う予定です。
  • ・フェリスグッズなどの製作も検討しています。
「ライフスタイルから考えるサステイナビリティ」国際交流学部 高雄綾子准教授 (クリックで展開)

私たちのライフスタイルが、自然環境や社会、経済とどのようにつながっているのかという視点から、未来のためのサステイナビリティ(持続可能性)を学びます。環境問題も大事だし、ファッションやグルメ、エンターテインメントも楽しみたい。今を我慢せず未来を良くするための行動を、消費者、大学生、女性という自分の立場から考え、行動し、発信することを目指します。日本だけでなく欧州やアジアのライフスタイル調査や環境指標も参照しながら、今と未来のつながりを実践的に学んでいきます。

「若者による⽂化の創造と発信」 ⽂学部 ⾕知⼦教授 (クリックで展開)

『百人一首』の事業化(商品化、イベント化など)というプロジェクトに取り組みます。
2018年度は、『百人一首』の和菓子「浜恋路」(香炉庵)、2019年度はお茶(シンガポール・プロビドール)を製作、2020年度は小学校の給食メニュー考案等。2021年度も、若いフェリス生の感性と力で、鎌倉時代の『百人一首』を新たな文化として生まれ変わらせましょう。

「横浜と⾳楽」 ⾳楽学部 ⼟屋広次郎教授 (クリックで展開)

横浜の企業や自治体等とタッグを組んで、音楽イベントを発信します。文学部・国際交流学部学生も、企画・プレゼン・宣伝広報・海外への発信など、イベントの運営や広報について学び、作詞など創作に加わる場合もあります。2018年度は、日産グローバル本社で音楽イベント・ハマトラファッションショー、2019年度は、ららぽーと横浜でコンサートを行いました。

TOPへ戻る