FERRIS(フェリスプラス):実践教養探求課程

プロジェクト演習科目

2018年度前期からプロジェクト演習がスタートしました。

2017年度以降入学生は、1年次後期にプロジェクト演習を履修するための手続きを行い、2年次前期に履修することができます。プロジェクト演習は、FERRISの学びの核となる少人数制のゼミです。

専任教員の指導のもと、地域社会の産業振興や環境問題、新しい文化の創造と発信、フェリス女学院150周年記念プロジェクトなど、実社会と結びついた課題を具体的に設定し、解決策や企画を立案・提案する方法を体験的に学びます。(PBL:Project-Based Learning)

プロジェクト演習と所定のCLA科目を履修することで、FERRISの修了証が3年次後期に発行されます。修了にあたっては、就職課の力強いサポートを受けつつ、就職活動に生かす力を身につけることができます。

履修年次 2年次前期

特徴
01 フェリスらしいリーダーを育成します

既成の概念にとらわれず、自由な発想で物事に主体的に取り組む力を育成します。また、多くの人の信頼を得て、平和や共生社会を実現するために力を発揮するようなリーダーシップを身につけることができます。

02 実践や体験を通じて社会貢献を学びます

自ら課題を発見し、解決策を考え、社会とともに成長してゆく体験型の演習です。For Othersの伝統を受け継ぎ、社会に貢献することの自覚をしっかりと持つことができます。

03 学部横断型の学びで視野を広げます

3学部の学生が横断的に学ぶことができる演習なので、広い視野を持つことができます。また、それぞれの専門での学びを融合し、刺激し合うなかで、コミュニケーションスキルを醸成することができます。

クローズアッププロジェクト演習科目(2020年度)

2020年度の課題は、次のとおりです。

TOPへ戻る