障がい学生支援

障がい学生支援に関する基本方針

フェリス女学院大学(以下「本学」という)は、建学の精神及び「文部科学省所管事業分野における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応方針」に基づき、以下の基本方針を定め、障がいのある学生への支援に努めます。

1. 障がいのある学生が、障がいのない学生と等しく学び、学生生活を送ることができるよう、機会の確保に努める。

2. 在籍学生及び入学希望者に対して障がい学生支援体制と学内のバリアフリー状況等の情報公開に努める。

3. 障がいのある学生への支援内容の決定にあたっては、学生本人・保証人の要望を十分に把握し、合理的かつ柔軟な対応を行う。

4.学生及び教職員が、障がいへの理解を深め、適切な対応を行うことができるよう啓発・研修等を行う。

5.障がいのある学生が、安全かつ円滑に学生生活を送ることができるよう、学内のバリアフリー化に配慮し、修学環境の整備に努める。