国際交流研究科

グローバリゼーションに関する研究を中心に、1専攻3研究群(「グローバリゼーション研究」「グローバリゼーションと地域社会」「グローバリゼーションと日本」)方式を採用。カリキュラムは研究テーマに即した3群から構成され、相互に補完し合う関係から、専門分野の枠を超えた総合知識を獲得でき、他大学では得がたい訓練を積むことができます。こうした研究体制のもと、国際社会に関わる専門的な見識と高い教養を身につけた職業人の育成をめざしています。

グローバリゼーションについて、研究方法とその視点を身につけた修了者は、独創性・創造性ならびに優れた判断力を発揮できる人材として、地方自治体や政府機関、NGO・NPOに代表される国際事業関連、企業の国際部門や調査部門など国際社会のさまざまな場面で幅広く活躍しています。

専攻構成

人材養成目的

国際交流の領域に関する理論及び応用を教授研究し、優れた研究能力を持つ研究者、高度に専門的な見識と能力を備えた職業人、グローバリゼーションの時代にふさわしい、専門分野の枠を越えた総合的知識を身に付けた社会人を養成する。

取得可能学位

博士前期課程 修士(国際交流)
博士後期課程 博士(国際交流)

学位論文審査基準

博士前期課程(修士論文)
博士後期課程(博士論文)

特定の課題についての研究の成果の審査基準

博士前期課程(修了レポート)

取得可能資格

中学校教諭専修免許状/社会
高等学校教諭専修免許状/地理歴史・公民

資格について詳しくはこちらから