Ferrisで学べること

For Others

フェリス女学院がその歩みのなかで大切にしてきたのは、「For Others」という教育理念です。この言葉は「他者のために」と訳すことができます。
「For Others」は、愛と配慮を、単に自分や自分の家族・友人、あるいは自国だけに向けるのではなく、見知らぬ他者、異なった文化と歴史をもっている人たちにも向けなければならないことを教えています。

  • 関東大震災で殉職した第3代校長を記念して建てられたカイパー記念講堂のステンドグラスには「彼女はその命を他者のために与えた」と記されています。

  • アメリカ改革派教会より建築費が寄贈され、1875年に山手178番に校舎が新築されました。その後、多大な援助を惜しまなかったフェリス父子に敬意を表して「フェリス・セミナリー」と呼ばれるようになりました。

  • 明治期には、民権論者で和漢文学に秀でた中島湘烟も教鞭をとっていました。当時から情熱的な指導で活気に満ちた学校でした。

学びの特色

「新しい時代を切り拓く女性」を育成するために、フェリス女学院大学が大切にしていること。それは自主性を重視し、個人の関心に応じて履修できるカリキュラムと、広く社会へ目を向け、新しい興味や問題意識を喚起させる創造型の学習を積極的に取り入れていること、そして充実した語学教育を基礎として、海外で学び世界に触れる機会を多く設け、アクティブに国際理解を深めてくことのできるさまざまな制度です。さらに、創立当初からの少人数教育で、きめ細かなサポートをしています。

新しい時代を切り拓く女性
  • 国際性

    more

  • 教育力

    more

  • 創造型学習

    more

自分で選ぶ、自由に学ぶカリキュラム

本学のカリキュラムは、大きく分けて「専門科目」と共通科目の「CLA科目」の2つから構成されています。開放科目制度により、一人ひとりの興味・関心に合わせて自由度の高いカリキュラムを組むことができます。

カリキュラム詳細

専門科目

それぞれの学科で、専門性を深め独自のテーマを追求します。






専門科目の多くが他学部・他学科の学生も自由に履修できる「開放科目」となっており、履修した単位は卒業単位になります。
文学部 英語英米文学科
使いこなせる英語力の強化をベースに、英文学や英語学、英語圏の文化・社会を幅広く学ぶ
文学部 日本語日本文学科
日本語・日本文学・日本文化に関する多角的な知識と、それらを統合し分析して表現する方法を学ぶ
文学部 コミュニケーション学科
「多文化理解」「共生コミュニケーション」「表現とメディア」を柱に、コミュニケーションの理論と実践の手法を学ぶ
国際交流学部 国際交流学科
3つのプログラムを通じて語学力と国際交流に関する知識を身につけ、世界の現実を学ぶ
音楽学部 音楽芸術学科
音楽を通して文化やビジネスシーンにおける新たな価値を創造するための知識や技術を学ぶ

CLA科目

「新しい時代を切り拓く」ために必要な知識と語学運用能力、課題発見・問題解決の方法を4年間にわたって学びます。

  • キリスト教科目語学科目
  • 語学科目
  • 知のフロンティア科目
  • 実践教養科目
  • フェリス教養講義科目
  • 健康・スポーツ科目
  • 留学生科目
FERRIS⁺実践教養探求課程

免許・資格取得サポート

それぞれのめざす未来に向けて免許・資格の取得をバックアップします

免許・資格取得詳細

教職課程

定められた科目を履修することで、中学校教諭一種免許状、高等学校教諭一種免許状が取得できます。
豊かな人間性の醸成を重視しています

フェリスは中学校・高等学校の教員養成に長い伝統があります。豊かな人間性の醸成を重視したきめ細かいカリキュラムを用意し、教育現場における諸問題にも的確に対応できる教員の養成をめざします。

日本語教員養成講座

この講座には「専修」「主専攻」「副専攻」の3課程があり、志望に応じて自由に選択できます。日本語のみならず、日本文化の伝達者としても正確な情報を発信できる人材育成に努めています。

海外実習で高度なスキルを身につける

国内の日本語学校だけでなく台湾、中国にある協定校でも日本語教育実習を行なっています。海外で現地の人々と交流しながらの実習は、実践的なスキルを身につけることができ、高い効果をあげています。

華東師範大学(中国・上海)
華東師範大学(中国・上海)
輔仁大学(台湾・台北)
輔仁大学(台湾・台北)
資格取得にも対応したカリキュラム

各課程の所定単位を修得し卒業した学生には、本学認定による「修了証書」を交付します。日本語教育学会認定の「日本語教育能力検定試験」に対応した科目群を整えており、効率的に検定合格をめざせます。

ページの先頭へ
js/slick/slick.min.js