音楽芸術学科

カリキュラム

 音楽芸術学科は多様な分野に対応して2年次から学科特有の科目を多く準備しています。それらは3年次から始まる専門ゼミの準備科目として学生が選択できるようにもなっています。そしてカリキュラム全体は学修分野に応じて7つのグループ(群)に分かれています。

第1群:音楽の基礎を学ぶ/ミュージシャンシップを養う
 音楽を学ぶ上で不可欠な基礎理論・基礎実技を学びます。
第2群:キリスト教音楽を体験する
 本学建学の理念であるキリスト教についての理解を、音楽をとおして深めます。
第3群:ミュージシャンシップを高める
 第1群で養った音楽性をさらにスキルアップ。音楽家としてより高度な実践と応用の技術を身につけます。
第4群:音楽の背景を探る
 音楽の背景を、歴史・理論などの観点から深く学ぶための科目です。
第5群:音楽と社会を実践的に体験する(アクティブ・ラーニング科目群)/社会実践コミュニケーション
 キャリア設計を視野に入れた、現代的な内容の多彩な科目から構成されます。
第6群:専門を深める―ゼミナールで社会とつながる
 「基礎演習」から「応用演習」を経て「専門ゼミⅠ~Ⅳ」へとつながります。1, 2年次でアカデミック・スキルを修得し、3, 4年次はゼミに所属し専門を深めます。
 また海外を含めた学外での活動に取り組むことを支援する科目も開講しています。
第7群:専門を極める
 卒業プロジェクトを仕上げます。卒業プロジェクトには「卒業論文」または「卒業制作及び副論文」の2タイプがあります。どちらの形で発表することにしても、専門ゼミでの学びと連動して自分のプロジェクトを完成させていきます。

専門科目カリキュラム

カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

パフォーミング・アーツ科目

学生個々のニーズに応じて自由に受講できる実技レッスンです。

●個人レッスン
初心者から上級者までレベルに応じた個人指導で、演奏・表現技術をみがきます。
声楽、ボイストレーニング、ジャズ・ヴォーカル、器楽※、伴奏法、室内楽、作編曲、DTM、邦楽(三味線)
※器楽
オルガン、チェンバロ、ピアノ(クラシック)、ピアノデュオ、ピアノ共演(歌曲・器楽)、キーボード(ジャズ・ポップス)、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクソフォーン、ホルン、トランペット、トロンボーン、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ハープ、ギター


●グループ実技
演奏公演、舞台公演を目標に、履修者全員で高いレベルのステージをつくりあげていきます。
キリスト教音楽、ピアノデュオ、アンサンブル弦楽、フルートアンサンブル、アンサンブル管楽、アンサンブル管弦楽、室内楽、ミュージカル、キーボード・インプロヴィゼーション、声楽アンサンブル、オペラ、バレエ、ダンス

●ミュージック・テクノロジー・ラボ
ICTやAIなど最先端の技術を応用した音楽を学びます。(2年次生以上対象、グループレッスンで実施予定)
Digital Fabrication Lab.、Media Art、Movies、IoT(Internet of Things)、AI Technology and Music、Digital Technology Marketing

●教職グループ実技
教員免許取得をめざす人の授業です。グループレッスンによる指導で実力の定着を図ります。
声楽、ピアノ、伴奏・即興演奏、聴音・音楽理論、初見視唱・初見視奏